Re: お疲れ様でした。

| タイトル一覧へ | 前へ | 次へ | コメントをまとめ読み | 新規 | コメント | 引用してコメント

 

タイトル: 1568 . Re: お疲れ様でした。

お名前: 岩井国臣

投稿日: 9/12(09:24)

オリジナル: 1532. やっと終わった! ▼ [岩井国臣] 7/29(06:26)

コメント元: 1542. Re: お疲れ様でした。 ▼ [上田 勝] 8/6(14:47)

 

------------------------------

上田さん こんにちわ!

 

マダガスカル第4弾でもいいましたが、私は、マダガスカルという国をダイバーシティーという観点から見ています。

これからの世界は、違いを認める文化を作り上げて行かなければなりません。その際に、日本は、そのリーダー役をつとめる資格と力を持っていると思っていますが、問題は、どの国をパートナーにするかということですね。

私は、同盟国であるアメリカと一緒になって、現在の科学文明の行き過ぎに歯止めをかけるのが良いと考えているのです。アメリカは、確かに、今のブッシュ政権というかネオコンを見ていると、どうしようもない傲慢な国に見えますが、「建国の精神」に立ち戻れば、そうでもないのです。この点についてはいずれ詳しく書きます。また、ジョセフ・ナイのようにソフトパワーというものを重視する人も少なくなく、アメリカほどの多民族国家は世界にないわけですし、ダイバーシティーというものが今後重視される可能性は十分あるのです。世界平和のために、ダイバーシティーという点で・・・・・日本はアメリカとしっかり手を繋いで行く必要があります。

 

それとマダガスカルは、おいおい書いて行きますが、世界の中で、アメリカと同じように、ダイバーシティーを前提にしなければやっていけない国であり、日本は、そういうマダガスカルと兄弟関係を結んで・・・・世界平和のためにそれぞれ貢献できるのではないかと考えています。

 

上田さんとは、イラク戦争や国連の敵国条項について、意見を違えたまま、そのままになっていましたが、今回マダガスカル第4弾をアップしたところで、やっとレスさせていただきます。

 

どうもアメリカに対する認識が違うのではないかと思われます。正面きっては反論しにくいのですが、おいおい書いていきますので、そのうちの御理解していただけるのではないかと思っています。要は、アメリカという国をどう見るかということです。心強い同盟国と見るか、それとも・・・・・?

 

中沢新一いうところの「モノとの同盟」、つまり「タマとモノとの同盟」なのです。

 

------------------------------

 

▼コメント

 

1569. ダイバーシティーを育むために ▼ [上田 勝] 9/12(19:30)

1570. Re: ダイバーシティーを育むために [岩井国臣] 9/16(11:08)

 

 

[タイトルへ]

Maintenance:DeltaCommunications support@deltacom.co.jp