Re: ホントにまいりました

| タイトル一覧へ | 前へ | 次へ | コメントをまとめ読み | 新規 | コメント | 引用してコメント

 

タイトル: 1584 . Re: ホントにまいりました

お名前: 岩井国臣

投稿日: 9/27(07:56)

オリジナル: 1582. まいった!まいった! ▼ [岩井国臣] 9/22(09:01)

コメント元: 1583. ホントにまいりました ▼ [上田 勝] 9/22(04:29)

 

------------------------------

上田さん こんにちわ!

 

小泉さんのやられた今回の人事が党の破壊工作かどうか。小泉さんに党を破壊する意志はなかったとと思いますが、結果的に破壊の方向に進むのではないかと・・・上田さんはおっしゃるわけですね。そうかもしれません。そかもしれませんが、私としては、そうならないように、安部幹事長をもり立てて、党を若かがえらせるよう努力するばかりです。

 

このフォーラムで、私は、管さんのことをバカ管とかウソ管とか揶揄したことがありますが、確か私の記憶では、緑のダムといいはじめられたのは管さんです。管さんは今なおときどき緑のダムといっておられます。このフォーラムで何度も申し上げたように、山は大事です。緑は大事です。しかし、緑はダムの代わりはできません。緑のダムというのはウソもいいところです。

 

21世紀は水戦争の時代だともいわれ、多くの国で水不足が深刻化するといわれています。そういう状況の中、この3月には、世界水フォーラムが開催され、私も参加しましたが、緑のダムなどという馬鹿なことをいう人は一人もいませんでした。

山や森林が大洪水や異常渇水にはまったく無力であるということは科学的にもうはっきりしていることで、おそらくそういうことは管さんは知っていられるのだろうと思います。もしそういうことを知っていて緑のダムとおっしゃっているのなら、それは国民を欺く以外のないものでもないし、嘘つきといわれても仕方がない。もし、そんなことはないと思いますが、もし山や森林が大洪水や異常渇水にまったく無力だということを知らないで緑のダムとおっしゃっているのなら、それは馬鹿としかいいようがありませんね。それで私はウソ管とかバカ管と言っているのです。

 

そういうウソ管、バカ管の率いる民主党でなく、誠心誠意国民のことを考え、誠心誠意国家のことを考え、誠心誠意地方のことを考え、誠心誠意山のことを考え、誠心誠意過疎地域のことを考え、誠心誠意ふるさとのことを考え、誠心誠意伝統文化のことを考え、誠心誠意祖先のことを考える民主党になって欲しいと思います。そうなれば、私は、政策面で堂々と渡り合えます。ウソを言ったり、バカなことを言ったりする政党とは真面目な議論する気にもなれません。そんな政党でも選挙はけっこう強いですから、私どもとしては全力を挙げて、ともかく選挙を勝ち抜くことだと思っています。

 

衆議院の解散総選挙を勝ち抜き、来年の参議院選挙を勝ち抜くことです。そのあとは、本当の政策論争が始まりますから、民主党は分裂。自民党も分裂。憲法改正の真面目な議論が始まれば、それで政治の流動化がきっと始まると思います。私は、そのときのために、目下、必死になって「劇場国家にっぽん」という国家像を明らかにしようとしているのです。キーワードは「違いを認める文化」です。ダイバーシティーです。

 

------------------------------

 

▼コメント

 

1585. Re: ホントにまいりました [上田 勝] 9/28(04:43)

 

 

[タイトルへ]

Maintenance:DeltaCommunications support@deltacom.co.jp