黒曜石の七不思議のひとつ

 武蔵野台地に大量に持ち込まれた黒曜石はなぜ神津島のものでなく八ヶ岳のものなのか? 

 

 

 私は先に、次のように述べた。すなわち、

 『 瀬田遺跡では、3万年前の地層から全国でも最大級の石斧が出土している。3万年前である。しかし、それからやや時代は下るが、量的には、等々力根遺跡第ァ層位(2万8000年前)から数多くの加工石器が出ており、黒曜石以前にもそれなりの加工技術があったことがはっきりしている。私の住んでいるこの瀬田や等々力は、多摩川に面し、谷沢川や丸子川などの支川が流入するなど水に恵まれていたので、石器人にも住み良い環境であったようだ。特に、等々力の滝は夏は冷たく冬はあたたかな水が湧出し、生活環境としては抜群の環境であったと思われる。石器時代は気温も低く、多摩川にもサケが大量に遡上していたものと思われる。

 かって、私は、「武家社会源流の旅」をこの等々力から出発したのであったが、今回の「古代社会源流の旅」もこの地(瀬田遺跡と等々力根遺跡)から出発するとしよう。この地では、3万年ほど前にはすでに人びとは石器文化をもって結構豊かな生活をしていたのではないか。私はそんな想像をしている。そして5000年ほどが経過し2万5000年前ごろになると、石器文化に急激な変化が起こる。八ヶ岳の大量の黒曜石が持ち込まれナイフ型石器などかなり高度な加工が行なわれるようになる。しかし、まだ湧別技法などという極めて高度な加工技術は日本列島のどこにも始まっていない。そういう画期的な技術革新が始まるのはずっと後のことであるが、2万5000年ほど前に八ヶ岳の黒曜石が関東平野に大量に持ち込まれているということは大変興味のあることだ。八ヶ岳山麓から多摩川にかけての文化圏は、富士眉月弧(ふじびげつこ)文化圏と呼ばれるが、その源流に八ヶ岳の黒曜石がある。問題は、武蔵野台地に大量に持ち込まれた黒曜石が伊豆・箱根、伊豆諸島の神津島、栃木県高原山でなく、なぜ八ヶ岳のものなのかということである。この問題についてはおいおい勉強していくこととしたい。』・・・・と。

 

 黒曜石の七不思議についてはおいおい話していくとして、まずは第1の不思議について語っていくとしよう。第1の不思議は「 武蔵野台地に大量に持ち込まれた黒曜石が伊豆・箱根、伊豆諸島の神津島、栃木県高原山でなく、なぜ八ヶ岳のものなのか? 」・・・ということである。

 伊豆・箱根や神津島の黒曜石は、実は、相模野台地には結構大量に持ち込まれている。相模野台地の場合も八ヶ岳の黒曜石が大量に持ち込まれている時期もあるのだが、相模野台地の場合はおおむね伊豆・箱根や神津島の黒曜石が卓越している。なのに武蔵野台地には伊豆・箱根や神津島の黒曜石がほとんど持ち込まれていない。これはおそらく武蔵野台地の人びとは伊豆・箱根や神津島と馴染みがなかったからではないか。

 私の想像では、もし船が自由に使えれば、八ヶ岳より伊豆・箱根や神津島の方が行きやすかったかもしれない。海流にうまく乗りさえすれば良いからだ。海流というものは複雑である。沖を流れる海流にはその反転流としての沿岸流がある。それらをうまく乗りこなさなければならない。神津島には間違いなく船で渡った。行きっぱなしではない。往復したのである。問題は、どこの人が船をあやつったか・・・である。東伊豆町のホームページには・・・、次のように書いてある。すなわち、

 「 東伊豆町の人々の起源を今に伝えるものとして、稲取ゴルフ場遺跡から発掘された十数個の細石器があります。これは、移動生活をしていた約12000〜13000年前の先土器時代の人々が狩猟などに使用したものと推測されています。その後、人々が集落を形成し定住をはじめたのは、縄文時代早期(約9500〜6500年前)の頃です。町内には、奈良本地区の峠遺跡と穴ノ沢遺跡、白田地区の宮後峠遺跡から発掘によって確認されています。特に峠遺跡から発見された石器製作跡は、矢じりを製作したもので、剥片が数ブロックにわかれて出土しているので流れ作業によって石鏃製作が行なわれていたことが予想されます。ほかに竪穴状遺構や土坑が発見されており、その種類、量などからこの時代の貴重な遺跡といえます。」・・・と。

 このことからも、伊豆半島にもけっこう古くから人が住んでいたことが判る。その場合の認識で重要なのは海上交通をどう認識するかということだ。みなさん、海上交通というものをどうお考えか。石器時代の数万年前というのは大したことはなかったのか、それともそれなりのものが古くからあったのか。海上交通というのはけっこう古くからあったようである。石器時代から時代は下って縄文時代になるが、縄文時代になると、北海道からアメリカに丸木舟で渡った人たちがいたらしい。

 「伊豆半島段間遺跡出土の黒曜石原石」(日本考古学会 『考古学雑誌』第75巻第1号、1989年)によれば、『 伊豆半島の先端部に位置する河津町の段間遺跡は、神津島産黒曜石の陸揚げ地と推定される。縄文時代中期の同遺跡は集落遺跡であるが、多量の黒曜石を出土する。その産地分析を実施したところ全て神津島産であることが判明した。また出土遺物のなかで大型の黒曜石がみられ、石器製作の痕跡もみられ、さらに神津島が遠望されることなどがその根拠となる。』・・・ということであるらしい。 また、「黒潮を渡った黒曜石・・見高段間遺跡」(池谷信之、新泉社、2005年4月)には、伊豆七島付近の海は難所で、これを渡り切ることは大変なことであることが縷々書いてある。そのとおりであろう。私も同じように思う。しかし、旧石器時代からそういう難所を乗り切る航海術があったらしい。海流と風をどう読むか、その技術だ。こういう技術は宇宙との響き合いの中でしか生まれない。黒曜石の湧別技法もそうだ。宇宙を感じ、自然と一体になることだ。そうすればどういう風の時にどういう風にして難しい海流を乗り切るか、自ずと判ってくる・・・というようなものではなかろうか。

 河津町の段間遺跡が神津島産黒曜石の陸揚げ地と推定されているのは、縄文時代中期のことであるが、私は、それより古くから、河津町、東伊豆町、伊東市、熱海市などには人が住んでおりその中心は熱海ではなかったかと想像している。熱海には古い神社があるからだ。伊豆・箱根の黒曜石も周辺でとれる。想像を逞しく申し上げる。伊豆半島の東海岸には主だったところに、漁業と舟運を専らとする「海の民」があるていど住んでいて、周辺の人たちと交易を行なっていた。その交易を行なっていた人たちのお陰で・・・相模野台地に神津島や伊豆・箱根の黒曜石は持ち込まれた。そのリーダー的な人びとというのは、熱海とか伊豆半島の人びとではなかったか。熱海は摩訶不思議なところである。縄文時代から弥生時代を経て、大和朝廷の東北経営が盛んになると、鎌倉がクローズアップされてくるが、旧石器時代はまだ鎌倉は辺鄙なところであって熱海が中心であった。熱海は実に摩訶不思議なところなのである。ではとりあえず、伊豆山神社を訪れるとしようか。伊豆山神社については、かって「武家社会源流の旅」で紹介したことがあるが、再度ご覧いただきたい。まず「初島」をクリックし、その後に伊豆山神社を訪れて欲しい!

 なお、伊豆半島や熱海を理解するには伊豆山神社というものをしっかり認識する必要があるし、また伊豆半島や熱海、そして伊豆山神社というものをしっかり認識するには、黒潮というものをきっちり理解しておく必要がある。黒潮についてはここをクリックして欲しい!

 さらに、余分なことだが、池谷信之は、その著「黒潮を渡った黒曜石・・見高段間遺跡」(新泉社、2005年4月)の中で、出土土器が酒匂川の上流の粘土を材料にしたものであることから、見高段間集落は酒匂川付近を故地とする集団によって営まれた可能性が高くなった・・・と述べているが、その点に触れておきたい。私の考えでは、黒曜石のような超高級品は別として、粘土などの生活必需品は普通の交易で容易に手に入った。狭い範囲だが、普通の交易はけっこう盛んであったのではないか。この点につき私は池谷信之と味方が違うので念のため申しておきたい。「海の民」と「山の民」との交易もあったに違いない。

 

 さて、私は、旧石器時代や縄文時代を語るには大和朝廷が勃興する古代というものを語らねばならないし、古代を語るにはヤマトタケルノミコトを語らざるを得ない・・・と思っている。ヤマトタケルノミコトは、大和朝廷が東北経営のためにその時代その時代にいろいろな人が出向いていった・・・その象徴的な人物であるといわれているが、それはともかく、ヤマトタケルノミコトが通ったとされる道筋は古代人がそれなりの集団で居住していたところであろう。古代は連続的に弥生時代に繋がっているし縄文時代に繋がっている。かかる観点からいえば、ほとんどの人が意識していないことでしっかり認識しておいて欲しい問題に「秩父の問題」と「物部氏の問題」がある。秩父は、当時、関東の中心地だが、そこに住むのは「山の民」である。物部氏は、九州の大野川を本貫地とし、舟運を司る豪族なので「海の民」である。物部氏の活躍によって、次第次第に「海の民」の影響力は内陸部に及んでいくが、まだ旧石器時代は物部氏は登場していないので、「海の文化圏」は沿岸部に限られている。「秩父の問題」と「物部氏の問題」については、ほんのさわりだけだけれど、是非、ここをクリックして欲しい!

「 武蔵野台地に大量に持ち込まれた黒曜石が伊豆・箱根、伊豆諸島の神津島、栃木県高原山でなく、なぜ八ヶ岳のものなのか? 」・・・という黒曜石に関する第1の不思議については、旧石器時代の海上交通というか「海の民」の活躍というものの理解がなければなかなか答えを見い出すことは難しい。私はそう考えている。そして、「海の民」の活躍を語るにはあらかじめ物部氏の動きを念頭においておかなければならないし、熱海や鎌倉など相模湾の状況を語らねばならないのではないか。鎌倉については、とりあえず、ここをクリックして欲しい!

 歴史というものは連綿とつづいているのである。日本の場合、余程のことがなければ歴史に断絶はない。私が日本の文化を吹き溜まり文化と呼ぶ所以である。富士眉月弧(ふじびげつこ)文化圏と黒潮文化圏との接点、それが相模原台地であった。私はそう考えている。したがって、相模野台地の石器は、両文化圏の接点であるがゆえに、そのときどきにおいて「海の黒曜石」であったり「山の黒曜石」であったりしたのであろう。伊豆半島は黒潮文化圏であるので、当然、「海の黒曜石」が卓越するし、武蔵野台地は富士眉月弧(ふじびげつこ)文化圏であるので、当然、「山の黒曜石」が卓越する。大雑把にいえば、まあそういうことだろう。

 

 下図は、「相模野台地における黒曜石利用の変遷(黒曜石文化研究第4号、2006年3月)」(諏訪間順)からの引用であるが、相模野台地から出土する石器の岩質を表わしている。真っ黒なのが黒曜石である。相模野台地の石器がいつの時代も黒曜石が卓越していたのではなく、時代時代において凝灰岩や安山岩やチャートからなる石器が使われていた。

 

 

 

 下図は、同様の出典であるが、相模野台地における黒曜石の原石地を表わしている。真っ黒なのが伊豆・箱根の黒曜石であり、縞模様で表わされているのが神津島の黒曜石である。真っ白が八ヶ岳の黒曜石である。

 

 

 写真が鮮明でないので、詳しくは「相模野台地における黒曜石利用の変遷(黒曜石文化研究第4号、2006年3月)」(諏訪間順)を見てもらいたいが、図では文化層ということだが、深さによっていろいろだ。時代によって黒曜石が卓越するときもあるし、その同じ黒曜石でも「海の黒曜石」が卓越したり「山の黒曜石」が卓越したりしている。ともかくいろいろであることを理解していただければそれで良い。ただし、「海の黒曜石」と「山の黒曜石」が一緒に出土することはない。これは大変面白いことである。みなさんもこのことに注目しておいてもらいたい。今ここではそれ以上の詳しいことは詮索しない。

 多分、相模野台地の集団が「海の民」や「山の民」に先導されて、大挙して海に行ったり山に行ったりしたのであろう。「海の民」や「山の民」の中には、狭い範囲の交易に従事している人も少なくなかったと思われるので、そういう人が道案内に当ったのではなかろうか。黒曜石の採掘は相模野台地の人たちにとっては大事業であったはずだ。だから・・・・、ある年に海にも行き山にも行くというようなことはなかったと思う。神津島に行くにも八ヶ岳に行くにも大変なのである。なにせ鉄道や道路のない頃のことである。道らしい道のない頃のことである。大変なことだ。特に、神津島には命がけで行かなければならない。数年に一度・・・神津島に行ったり、数年に一度・・・八ヶ岳に出かけたりしたのではなかろうか。

 

 「 武蔵野台地に大量に持ち込まれた黒曜石が伊豆・箱根、伊豆諸島の神津島、栃木県高原山でなく、なぜ八ヶ岳のものなのか? 」・・・という黒曜石に関する第1の不思議については、あるていど理解していただいたであろうか???

 まだ、物部氏の登場にはほど遠く、黒潮文化圏はほとんど内陸部に及んでいなかったのである。物部氏の登場によって一挙に黒潮文化が鎌倉や武蔵野台地に及んでくるが、その段階になってはじめて府中や国分寺が関東の中心地となる。しかし、それはずっと後のことだ。

 

 

 今までの・・

「古代社会源流の旅」については、

ここをクリックして下さい!

 

「中津川の胞衣伝説」から「日光の陰・礼讃」までの一連のページは、

「スピリット(精霊)」に関するものです。

私の以前のテーマに「スピリット(精霊)」の問題であったのです。