京都・法観寺


平成30年10月27日

国土政策研究会

顧問 岩井國臣



伝承によれば五重塔は592年に聖徳太子が如意輪観音の夢告により建てたとされ、その際仏舎利を三粒を収めて法観寺と号したという。

聖徳太子創建の伝承は信憑性に疑いがあるものの、平安京遷都以前から存在した古い寺院であることは確かとされており、朝鮮半島系の渡来氏族・八坂氏の氏寺として創建されたという見方が有力である。

法観寺(ほうかんじ)は清水寺の近隣に位置する。街中にそびえ立つ五重塔は通称「八坂の塔」と呼ばれ、周辺のランドマークとなっている。


法観寺:http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/houkanji.pdf






前回までの目次

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/index00.html




なお、一連の電子書籍を出版した2012年以前のWhat’sNewは、

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/huruiWN.html