八坂庚申堂



平成30年12月1日

国土政策研究会

顧問 岩井國臣




八坂庚申堂は、法観寺に隣接していることもあって、京都の観光名所になっているが、八坂にあるということもあって、祇園花街の人たちの信仰が厚い。



門を入るとすぐのところに、たくさんの「つるし猿」が吊るされている。


面白いのは、八坂庚申堂では「くくり猿」がお守りの「お札」として売られていることだ。「くくり猿」の体内には御本尊青面金剛の御札が納められ、開眼の秘法によって魂が込められている。単なる土産物では無く、八坂庚申堂の神(ご本蔵青面金剛)の霊の入った『御守』である。



この霊験あらたかな「くくり猿」は、祇園界隈では軒先に吊るす家が多い。祇園花街の舞妓さんも八坂庚申堂でこの「くくり猿」を買い求める人が多く、八坂庚申堂では、舞妓さんの姿をよく見かける。



八坂庚申堂: http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/yasakakousin.pdf






前回までの目次

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/index00.html




なお、一連の電子書籍を出版した2012年以前のWhat’sNewは、

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/huruiWN.html