日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の酒折宮伝説 
古代の道を考える


 景行天皇の皇子ヤマトタケルノコトは、熊襲征伐から帰ると、休むいとまもなく父の命令で、荒ぶる神やまつろわぬ者共を征服するため東征の途についた。
 『古事記』と『日本書紀』とでは記事に若干のちがいがあって、『古事記』では、蝦夷を平定して足柄の坂に登り立ち、先に竜神の怒りを静めるために海に入って亡くなった妃の弟橘比売命(おとたちばなひめ)をしのんで、「吾妻はや」といったのが、東の国の名の起りであるという有名な伝承を挙げた後に、次の文章がある。
 すなはちその国より越えて、甲斐に出でまして、酒折宮に坐しし時、歌ひたまひしく、
   新治筑波を過ぎて幾夜か寝つる
  とうたひたまひき。ここにその御火焼の老人、御歌に続ぎて歌ひしく、
    かがなべて夜には九夜目には十日を
  とうたひき。ここをもちてその老人を誉めて、すなはち東の国造を給ひき。

 ミコトはこれより信濃国に越え、さらに尾張国に向ったとするのである。『古事記』の想定したミコトの入国のコースが、籠坂・御坂の両峠を越えて国中へ入る後世の駅路(中世の鎌倉街道)ないしそれに近いものであったことはほばまちがいないところとされ、信濃へのコースも甲府盆地から釜無川沿いに北西に進んで諏訪地方へ入る道を想定されている。

 一方、『日本書紀』の方では、ミコトの甲斐への出入のコースがちがっている。
 蝦夷を平定して、日高見国より西南のかた常陸を経て甲斐国酒折宮にきて、御火焼の老人を厚く質し、ここから再び関東に出て、武蔵・上野を経て碓日坂に至った。亡妃をしのんで「吾嬬はや」といったのはここであったというのである。これによると、甲斐への出入りのコースが、のちの東海道支路(いわゆる甲斐路)とは別であることが知られる。常陸から甲斐へどう入ったかは説明していないが、どう出たかについては、「則ち甲斐より北、武蔵・上野を転歴りて、西碓日坂に逮ります」と述べて、甲斐から北方、武蔵へ出るコースを想定している。

 武蔵が東海道に所属するのは771(宝亀2)年以後であるから、書紀の編者は、甲斐と東山道の武蔵とを結ぶ路線のあったことを前提としてこの伝説を書いていると考えられている。もちろん、その路線が、のちの甲州街道か、青梅街道か、あるいは秩父往還かは断定できないが、とにかく、甲斐と武蔵とが結ばれていたという認識がもたれていた。
 甲斐におけるヤマトタケルノミコト伝説の中心である酒折宮の場所についても、昔は異説があったが、今日では甲府市酒折町の酒折宮がそれであるとほば定説化されている。火焼の老人と歌の問答をかわしたという上記の伝説があることから、これが連歌の起りであるとして、後世連歌発祥の地として有名となった。今日、酒折宮の境内には、山県大弐の「酒折両碑」と本居宣長撰、平田篤胤書の「酒折宮寿詞」の碑とが立っている。

 それはともかくとして、このヤマトタケルノミコト東征伝説は、そのまま事実ではないが、優秀な鉄器文化をもった大和朝廷の大王たちが何代もかかって東に西に国内統一事業をなしとげたという史実が、ヤマトタケルノミコトという一英雄の熊襲・蝦夷征服の伝承となって伝えられたものとされる。 
 上の図は古事記のルート。下の図は書記のルート。両方とも「ヤマトタケル・・・尾張・美濃と英雄伝説」(森浩一、門脇禎二、1995年12月、大功社)からの引用である。古事記の記事は書記の記事より古い時代のものと考えられる。古事記の段階はまだ大和朝廷の勢力は筑波まで及んでいなかったが、書記の段階は大和朝廷の勢力は筑波まで及んでいて陸奥まで偵察隊が行っていたようだ。南信濃については言えば、大和朝廷の勢力は、当然、富士眉月弧(ふじびげつこ)文化圏の全域に及んでいたものと考えられる。問題は、千曲川沿いの地域であり、これら北信濃の地域はまだ大和朝廷の勢力が及んでいなかったのではないか。

 書記によれば、ヤマトタケルは、武蔵(むさし)・上野(かみつけの)を巡った後、碓日嶺(うすひのみね)に着いた。関東平野には大和朝廷の勢力はどのように拡大していったか。このことは基本的に知っておかないとこのような書記の文章を深く理解しているということにならないので、ここで、その点に触れておく。
 私は、このホームページ『劇場国家にっぽん」の前に、「桃源雲情」というホームページをつくっていた。その中に、「武家社会源流の旅」というコーナーがあった。その「武家社会源流の旅」は、私の家のすぐ近くの等々力渓谷からスタートするだが、等々力渓谷では次のように書いた。すなわち、
 『 言うまでもなく、縄文時代から弥生時代にかけて、人々は容易に水の得られるところに集落を作りました。それがクニ、クニの発生に繋がっていき、やがてそれらのクニ、クニは力のある豪族にまとめられていく。そして最終的には、結局、大和朝廷に統一されていくのでありますが、関東では、大和朝廷の全国統一過程において、群馬、埼玉、東京・神奈川にそれぞれ勢力のある豪族がいたようであります。

それら三豪族の発生過程はよく判りませんが、それを想像するには、少なくとも関東平野の形成過程を頭に描いておく必要があるようです。縄文海進は紀元前4000年頃がピークで、その頃、関東における沖積平野のほとんどは海であったのですが、それ以降、・・・・海の後退につれて次第に氾濫原が作られていくわけです。その氾濫原で稲作がお行なわれ、クニ、クニが発生するということでありますから、河川を抜きにして豪族の発生というものを考えるわけにはいきません。風の吹きだまりというものがありますが、川の流れにもそういうものがあって、氾濫原の形成過程もそういうものを考えておく必要があります。

氾濫原ということでは、利根川、荒川、多摩川など・・・大河川のほとりが有利でありますが、それら大河川のほとりであればどこでも良いかとなると、そうではなくて、大河川の近くの丘陵地の近くで、水の容易に得られやすいところということになります。このようなことから、群馬、埼玉、東京・神奈川に地域を束ねる大豪族が発生した。氾濫原と水のお蔭ですね。 

しかも、面白いことに、・・・・東京・神奈川が関東では一番早く地域が発達していたようで、最初、そこの豪族は親大和朝廷であったようであります。大和朝廷との結びつきの中で勢力を拡大していったのかも知れません。しかし、やがては、群馬の豪族と連合して・・・・大和朝廷に対抗することになり、結局は大和朝廷に滅ぼされるのですが、・・・・・・・あの平将門と同じように、その反骨精神は見上げたものではないでしょうか。

野毛大塚古墳や御岳山古墳を作った・・・ここ等々力渓谷近辺の豪族は結局滅んでしまうのでありますから、その反骨精神が板東武士にまで引き継がれた訳ではありませんが、板東武士が朝廷に対して「一所懸命」に対抗して鎌倉幕府を作り武家社会の基礎を作ったことを思えば、・・・・ある種の感慨というものが湧いてきます。板東武士のルーツをここに見る思いです。開拓者としての独立精神です。

群馬の豪族(上毛野君かみつけのきみ)も含め、結局は、関東地方全体が大和朝廷に屈服することになるわけですが、関東地方がずっと我国のフロンティア(開拓のフロンティア)であったため、関東地方の豪族は基本的に開拓者としての独立精神が旺盛であったと思います。その開拓者としての独立精神が鎌倉幕府を作った・・・それが私の考えであります。そう考えると、・・・・・平将門や等々力渓谷の豪族(小杵おき)におおいに声援を送る気になってくるではありませんか。』・・・・と。


 旧石器時代の勉強をしてきた現在における私の考えは、上の記述とは少々ちがって、大和朝廷は、当初、東海から相模を勢力下においたあと、その勢力は相模川や境川などの河川沿いに八王子まで及ぶが、多摩川の中下流域というか武蔵野台地には及んでいないと考えるものである。その、大和朝廷の勢力は、八王子から青梅、青梅から飯能、飯能から秩父に及んだ後、入間川や高麗川や都幾川や荒川などの河川沿いに、埼玉全体を制圧する。秩父は関東平野における大和朝廷勢力の一大拠点となった。私はこのように考えているのである。秩父である。
 この時点において、多摩川の中下流域や・・・利根川の左岸域すなわち上野(かみつけの)はまだ大和朝廷の勢力下にはない。その後、大和朝廷は、多摩川の中下流域に対しては神奈川と埼玉の両方向から、そして上野(かみつけの)に大しては神流川流域と埼玉の両方から、それぞれ制圧の手を加えていったのではないか。私の考えの要点は、秩父が関東平野における大和朝廷勢力の一大拠点となったのではないかという点である。ヤマトタケルの伝説が秩父に多いのもこれでうなづけるのではないか。

 さて、話は元に戻る。書記によれば、ともかく、ヤマトタケルは、武蔵(むさし)・上野(かみつけの)を巡った後、碓日嶺(うすひのみね)に着いたのである。碓日嶺(うすひのみね)については、これを碓氷峠(うすいとうげ)であるという説と鳥居峠(とりいとうげ)であるという説がある。大和朝廷は、上野(かみつけの)側から千曲川流域の制圧をしていくのであり、烏川(からすがわ)の支川・鏑川と吾妻川の両方向から、幾度となく、千曲川流域に軍を進めたものと考えられる。前に述べたように、ヤマトタケルの伝説はその象徴であるから、私は、碓日嶺(うすひのみね)を碓氷峠(うすいとうげ)であるとする説も鳥居峠(とりいとうげ)であるという説もともに正しいと思う。




 ヤマトタケルは、碓日嶺(うすひのみね)で道を分けて、吉備武彦(きびたけひこ)を越(こし)の国に遣わし、その地形や人民の順逆を見させられたという。ヤマトタケルは、碓日嶺(うすひのみね)から千曲川沿いに善光寺平に向かい、吉備武彦(きびたけひこ)は碓日嶺(うすひのみね)からどの辺を通って越(こし)の国、つまり千曲川の下流域に向かったのか。興味津々ではないか。歴史的に、大和朝廷の偵察隊は、たしかに上野(かみつけの)側から幾度となく越(こし)の国に赴いたことであろう。問題は、そのルートである。三国峠もさることながら、私の勘では、草津温泉または菅平高原から千曲川流域に抜けるルートがあったのではないかと思われる。ともかくヤマトタケルや吉備武彦(きびたけひこ)のこういった伝説は誠に興味津々なるものがある。こういった経緯を経て大和朝廷の軍事ラインは次第次第に千曲川全流域に及ぶのである。


 さて、大和朝廷の次なる目標は、阿賀野川である。阿賀野川の軍事ラインができて初めて大和朝廷の本格的な東北経営ができるというものだ。阿賀野川に関する軍事ラインの問題は、前のホームページ桃源雲情の「伊佐須美神社」のところで述べた。私は、地理的に見て、大和朝廷の勢力が阿賀野川を越えれば、会津を一大拠点として、あとは容易に、多くの人々が東北各地に移植できたのではないかと考えている。すなわち、武渟河別命(たけぬなかわけ)の時代に会津を中心として本格的な東北経営が始まったのではないかと考えているわけだ。この点については、地理というものをしっかり頭に入れて、弥生時代の遺跡をよくよく勉強しなければならないだろう。要は、これからの勉強だ。会津と武渟河別命(たけぬなかわけ)との関係、つまり会津と大和朝廷との関係は重要である。しかし、歴史を理解するには、それだけでは不十分である。文化をつくっているのは権力者だけではない。多くの人々が生活している、その生活の中から文化というものは生まれてくるのである。人々が文化を創り、またそれを運んでいくのである。文化の伝播というものは人々の行き来によってなされる。人々がどういう道を行き来していたかを知らないと、日本列島の中をどのように新しい文化が伝播していったかが判らない。人々が行き来する道というものを知るということは大事である。



 アナール派の代表的な存在として鶴見和子がつとに有名であるが、彼女の考えていたように、歴史の主体をエリートではなく常民にみる点、行為を駆動するものとしてイデオロギーより情動に注目する点、歴史が進化や段階を経ると見るのではなく、古いものの上に新しいものが積み重なっていくと見る視点(「つららモデル」)は誠に大事である。人生もそうであるが、歴史というものは、過去、現在、未来とつながっており、その繋がりというものを考えねばならない。過去は未来のためにある。ところで、「つららモデル」を持ち出すまでもなく、人々が行き来する道というものは石器時代から相当永く続いているのだと思う。「つらら」の痕跡がまだあちこちに散らばっている。それを拾い集めなければならない。そして、私たちは、アースダイバーとなって、万年前のことに思いを寄せなければならないのである。旧石器時代の湧別技法という最先端技術が北海道からこの日本列島をどのように南下していったか。下北半島から、鹿角、角館、大曲、横手、湯沢、新庄、山形、米沢、会津に行く場合、うまく山脈を避けながら、野山を比較的容易に歩くことができる。会津からが大変なのだ。たびたび言っているように、集落のまだ発達していない旧石器時代は、河川のほとりに船があるわけではないので、大河川はその上流でしか渡れない。湧別技法集団が日本列島を南下するには、会津から越後に出るのがもっとも良い。そして、千曲川の右岸を遡(さかのぼ)り、八ヶ岳は野辺山に向かうのである。その難所が只見川の源流ということになる。したがって、会津は北の文化の集中するところとならざるを得ない。私は、会津は旧石器時代から東北でもっとも進んだ地域であったと思う。雄物川の右岸の河岸段丘にある塩坪遺跡( 高郷村 )は福島県を代表する旧石器時代の遺跡であり、今から15,00014,000年前のものと考えられている。笹原山遺跡は、旧石器時代、縄文時代、弥生時代、奈良時代、平安時代のものが重層的に出土している全国的にも数少ない複合遺跡である。また、前に述べたように、只見川の流域は縄文文化のメッカである。会津は、このように旧石器時代から東北でもっとも進んだ地域であり、ここを中心として北の文化が日本各地に拡散していったし、稲作文化もここを中心として東北各地に拡散していった。会津は日本文化にとってかけがいのない地域である。東北を勉強するにはまず会津を勉強しなければならない。