御子柴は聖地!

 

その3・・・・・・「御子柴ジオパーク」を夢見て・・・・・・

 

 

 

 

  先に述べたように、私は、御子柴遺跡のある「場所」は、経ヶ岳を含めて聖地であると思う。しかし、現状は、いろいろと気になる点があって、とても聖地としての環境が維持されていない。これを「御子柴ジオパーク」として整備して、聖地にふさわしい「美しい場所」にしなければならないのではないか。私は、アメリカ人観光客を前に、1万年前の御子柴を語りたい。1万年前の日本文化を語りたいのである。

 

  ところで、私は前に、次のように述べた。すなわち、

 『 9月11日の同時多発テロは、アメリカのみならず私たち自由主義社会をまさに驚愕のどん底に陥れた。宗教の怖さというものを今さらながら思い知ると同時に、21世紀における世界平和を願うときに暗澹たる想いにかられる。あのテロはイスラム原理主義のジハード(聖戦)であり、仮にビンラディンがいなくなっても、イスラム原理主義が勢いをを得ているかぎりジハードはなくならないといわれる。アメリカ及び同盟国を敵としたテロはなくならないということだ。日本は間違いなくアメリカの同盟国であるからジハードの対象となりうる。恐ろしいことだが、わが国においてもジハードは起こりうるという前提で対処しなければならないだろう。危機管理というか安全管理に万全を期すと同時に、経済援助を中心にアラブ諸国とも平和外交を進めなければならない。それが経済大国の責務であることはいうまでもないが、一方で、とくに文化面において、わが国の優れた思想や宗教のことをもっと世界に知ってもらう努力をしなければならないでだろう。

 日本は山国である。国土面積の約70%が山だという国は世界でも珍しい。

 そして、日本の登山の歴史はとても古く、世界に類を見ないほどである。西洋では、山は悪魔の住むところとして近代まで近寄る人は少なかったようであるが、わが国の場合、縄文時代にすでに山頂で祭祀が行われていたようであり、石器時代の狩猟生活を考え合わせてみれば、日本人の山との関わりあいは相当に古い。

  <日本百名山>の山の文学者、深田久弥が「信仰登山」のなかでこう記している。

 「・・・・<万葉集>に、山部赤人の富士山をたたえた歌や、大伴家持の立山をあがめた歌が残っている。山岳文学といったものを設定するとすれば、おそらくこれが世界最初の山岳文学の傑作であろう。これほど早くから、山をあがめ、山に親しみ、山が好きだった国民は世界中どこにもなかった。

  富士山に最初に登ったのは「続日本紀」に出てくる役小角(えんのこづぬ)という僧といわれ、天武天皇の時代である。また「富士山記」が収められている『本朝文粋』は平安朝の書である。その文章には実際に富士山に登ってみないと書けない山頂の詳しい描写が綴られている。

 このように日本の登山史は世界に類を見ないほど古く、今から1200年前に、宗教的な登山ではあったが、すでに登山の黄金時代があった。僧や修験者により、富士山、立山、槍ヶ岳、白山など多くの山が開かれている。記録としては633年の富士山登頂が世界で最も古く、それから九百年を経た1522年にメキシコのポポカテペトルが登られるまで、その登頂高度記録は破られなかったという。

 

  立山は701年に慈興(じこう)上人によって開山され、白山は716年に泰澄によって開かれた。さらに相模の大山は755年に良弁によって、日光の男体山は782年に勝道(しょうどう)上人によって登頂されている。ちなみに、ヨーロッパ・アルプスの最高峰モン・ブランが初登頂されたのは、それから千年後の1786年のことである。

  こういう日本の歴史を世界の人にも知ってほしいと思っている。日本文化のなかにいかに山の文化が育まれ、森の文化が含まれているか、日本人の心の源流がいかに自然に根ざしているのかを知ってほしいと思っている。

  日本人のアイデンティティーは山への畏敬(いけい)の念、森への畏敬の念から成り立っている。それは自然のなかを漂泊する自我であり、無の実感である。漂泊することにより自我にめざめ、違いを認める文化が生じ、それが多神教の文化をもたらす。多神教がいいとか一神教が悪いなどと言っているのではなくて、いろんな文化が共生する世界であってほしいのだ。違いを認めあう世界でなければならないということだ。もはや世界は一神教の文化ではやっていけないと思うのである。 』・・・・・・と。

 

   しかし、私は、文献的な記録はないけれど、1万年前には、我が国ではすでに経ヶ岳などの「土地見山」に多くの人々が登っていたと考えている。そして、経ヶ岳の聖性の神髄部分はその眺望にあると考えているので、頂上の林は全部伐採をして、360度の大パノラマが見えるようにしなければならない。経ヶ岳からの眺望のいちばんいい時期は冬であるので、厳冬期にも権兵衛峠から経ヶ岳に登れるように権兵衛峠の拠点整備と道中の避難小屋を作らねばならない。

 

  なお、聖山・経ヶ岳の遥拝所が私の気のついただけで二カ所ある。ひとつは「山之神遺跡」であり、もうひとつは「御射山社跡」である。これらはいつの頃できたのかは不明であるが、私の勘としては、少なくとも縄文時代に繋がるのではないか。いわば、縄文時代からの「つらら」である。こういったところでの祭りは大事にしなければならない。

 

御射山祭については、・・・・・

ここをクリックしてください!

 

 

 

  御子柴遺跡をジオパークにして、その中で、私はアメリカ人観光客に1万年前の日本文化を語りたいのだが、御子柴遺跡を中心としたこの地域をジオパークにするにはいくつかの課題がある。

 

さあ、それではさっと御子柴遺跡の周辺を見て廻るとするか。

 

そうしよう! そうしよう!

 

 

 

  これらの写真を見て、皆さんはどういう点が気になるでしょうか。私はいろいろと気になるところがある。御子柴に行く道路ぐらいは電柱をなくして美しくしてほしいし、御子柴遺跡に入る入り口は玄関口として美しくしてほしいし、御子柴遺跡自体も公園として整備して美しくしてほしい。御子柴遺跡は岬としての聖性を持っているかと思われるので、東側の林は伐採して草地として仙丈ヶ岳が眺望できるようにしてほしい。

 

  それでは、御子柴遺跡のある「場所」には、御子柴遺跡を中心として経ヶ岳と仙丈ヶ岳を結ぶ聖線がある。その聖線上でみる仙丈ヶ岳と経ヶ岳の姿を紹介しておきたい。

 

 

御射山社跡から見る仙丈ヶ岳。

 

「南アルプスの女王」といわれるだけに

 

その姿はとても美しい。

 

心眼で見れば、この向こうに

 

「南アルプスの王」・北岳と

 

日本の山・富士山が見える筈だ。

 

 

 

つまり、御子柴遺跡を中心とする聖線には

経ヶ岳と仙丈ヶ岳と北岳と富士山が一直線で並ぶ。

これは・・・・まったくの偶然だが、

御子柴を中心とする聖線は日本列島を代表する聖線だ。

 

 

 

 

御射山社跡から見る経ヶ岳。

 

御射山社跡で経ヶ岳を拝むということは、

御子柴遺跡と・・・・・そして

仙丈ヶ岳と北岳と富士山を背に拝むことになる。

 

こんなすばらしいことがあるか・・・・。

 

 

 

  以上、経ヶ岳と御子柴遺跡周辺のことを書いたが、実は、私がいちばん気になるのは、空間的環境というより、やはり水環境である。水の神は死んだかに見え、ほとんどの人は水の聖性を感じなくなっている。名水といわれるところも含めてほとんど人工化して水の神の存在が感ぜられないので。それでは自然との響き合いとか宇宙との響き合いとか言ってみても、なんだか空虚である。水の聖性というものを感じることのできる感性というものを養うためには、ホンモノの湧水というものをできるだけ数多く見るところから始めなければならないのではないか。

 

 

次は、ネットサーフィンで見つけた湧水の写真である。

これをよすがに心眼を働かせて御子柴の往時の状況を想像してほしい。

 

無理かな???

 

まあ、無理かもしれないが・・・・,

 

できるだけ心眼を養ってもらいたい。

 

とりあえず、ここをクリックしてください!