日蓮という釈迦の生まれ変わり


内村鑑三は、日蓮を釈迦の生まれ変わりとして、その著「代表的日本人」の中で次のように述べている。すなわち、

『 彼の(日蓮の)誕生の年月は、ここに特筆する価値がある。後年この若き熱心家(日蓮)の心に、我が国の救済という重大な問題が湧き起こったとき、彼が沈思黙考した一点はここにあったからである。

 その年は釈迦が涅槃の境に入って後2171年であり、それは、第一の「正法千年」が終わり、第二の「像法千年」もまた経過して、最後の第三の「末法千 年」がまさに到来していた時だった。その時とは、「大いなる教師」によって預言されたように、末世の暗黒を輝かすひとつの光が、かの東方より現れることが 期待されていた時だったのである。

 その日(日蓮の誕生日)は陰暦の二月十六日であって、釈迦の生涯にとってあの大いなる出来事の一日後だった。

 このような一致は、我らの主人公(日蓮)の心には、計りしれないほどの重要性を持つものだった。』・・・と。



釈迦は、涅槃に入る前に、弟子たちに入滅後の世界について語った。それが末法の様相を表す「月蔵経」である。

釈迦滅後、最初の1000年間、「正法の時代」が訪れる。この時代は釈迦の教えを正しく守っていく。そして、その次の1000年間、「像法の時代」が訪れる。この時代は、教えや修行は伝えられてはいるが、悟りを開く人がいなくなり、世が乱れていくというのである。

その後、「末法の 時代」が訪れる。この時代には、教えも形骸化し、修行する人も、悟りを開く人もいなくなる。人々は慈しみの心 を忘れ、私利私欲に走り、悪行を重ね、争いが絶えない世の中となる。親子関係が不和になり、年長者を敬わず、奇病が蔓延していく。そして、天変地異による 災害が起き、国家同士の戦争が起きていく。自然は破壊され、水源は枯渇し、大干ばつや洪水などが日常茶飯事となる。農作物は実らず、大飢饉に苦しみ、多く の人々が死ぬ。


内村鑑三は、日蓮の生まれたときはまさに「末法の 時代」であり、「弥勒菩薩」への信仰に照らして考えたとき、その「末法の 時代」を救うためにきっと釈迦の生まれ変わりであるような大聖人が現われる、と考えていた。そして、日蓮の誕生日が2月16日という釈迦の入滅した翌日の月日と一致しているという奇瑞から、内村鑑三は、その釈迦の生まれ変わりであるような大聖人とは、まさに日蓮その人であるに違いないと考えた。そして、内村鑑三は、そのことを日蓮自身もしっかりと自覚していたに違いないと考えた。それらの考えから、上記の文章を書いている。

実は、1952年、ローマ教皇ピウス12世は、ラジオで日本国民に次のようなメッセージを送っている。

『 いと慈愛深き我らの救い主は、来たるべき世紀を予言して、東の国の多くの人々が天国の饗宴に座する為、来り参ずるであろうといわれました。

この喜ぶべき予言が、私の愛する日本に実現しますように・・・』


何と、ローマ教皇が「日本にイエス・キリストが再臨する」と述べているのだ。このことを承知していた内村鑑三は、上記の文章で、『 「大いなる教師」によって預言されたように、末世の暗黒を輝かすひとつの光が、かの東方より現れることが 期待されていた時だったのである。』と述べているのである。

以上のとおり、内村鑑三によれば、日蓮は釈迦の生まれ変わりなのである。