[No1]

精霊の王/中沢新一/2003年11月/講談社

註:以下は上記の本からの抜粋である。ただし、緑色の部分は、私の補足説明であり、文責は私にある。

 

  

「精霊の王」関係総目次

 

 

     第一章 謎の宿神

[No1] 1、藤原成通(なりみち)

[No2] 2、守宮神(しゆぐうしん)または「宿神(シュクジン)」

[No3] 3、猿楽の「翁」

 

[No4] 第二章 奇跡の書

 

[No5] 胞衣(えな)信仰

[No6] 柳田国男と胞衣(えな)信仰

[No7] 富士見町・井戸尻遺跡

[No8] 須玉町歴史博物館

 

[No9] 第四章 ユーラシア的精霊

[No10] 第五章 緑したたる金春禅竹

 

[No11] 日光の陰・礼讃

[No12] 日光の陰・常行堂

 

第六章 後戸に立つ食人王

[No13] 摩多羅(またら)神

[No14] 本覚論と魔多羅神

エピローグ  世界の王

[No15] 世界の王・聖杯

[No16] 世界の王・力の源泉

 

  以上

 

この一連の勉強を終わって、

今、思うことは、「天皇について」である。

天皇・・それは「空」であるということである!

では、ここをクリックして下さい!