diary

川のおじさんは、仕事をしながらも、
いろんな「旅」をしています。
そんなおじさんの出会いや発見を
心にひも解くページです。

その他の日記の一覧を見る
川のおじさん日記

2004年・旅の手帖


大分 ― カヌーあそびと講演と

猛暑の夏、毎年参列している広島の国土交通省原爆殉職者慰霊式のあと、電車で大分 へ。今回は密かなお楽しみ、そして友に約束した講演会が待っている。


 

ひとことメモ


【Q太郎こと岡崎君】

原尻の滝の岡崎さんからのおたより

【河童小屋】

大野川流域の活動を運営する「NPO法人河童倶楽部」本拠地。

NPO法人河童倶楽部
おじさんの河童小屋案内


【おじさんの新たな出会い】

第2の河童小屋スタート。大分県「里の川プロジェクト」

里の川プロジェクト三重川(みえんがわ)

画聖・雪舟の瀑図で知られる「沈堕の滝」を核とした住民による里づくり 「ちんだ滝の会」

会長:後藤正雄
大野郡大野町大字矢田1840番地


「沈堕の滝を学ぼう」(大分合同新聞社*飛び出せ学校*より)

【おじさんの寄り道】

道の駅きよかわ (清川村)
姫野一郎商店(竹田市)


奥嶽川でカヌー お、さすがQ太郎。素晴らしい景観の

奥嶽川にカヌーが用意されていた。

黙々と漕ぎ、何度も沈脱の練習。

水泳はお手のもの、心と身体が清流とひとつに

なった。乾いた喉にビール!打ち上げ盛上る。


河童小屋にて 参加者の熱気に満ちた大野川・河童小屋で

講演。暑い。頭がボーッとしてきたが

負けじと熱弁をふるう。

明けて犬飼町ドラゴンボートレースを激励。

地域の元気に、僕は胸が一杯になった。


※犬飼町は平成17年合併して豊後大野市になった。(2006.3記)


大忙しだったが、支援して下さる方から思いがけず声をかけられたり、新たな出会い を得ることもできた。さて、次は福岡へと向おうか。

2004.12



         
top 特集 おたより diary profile