川のおじさん

「川のおじさん日記」目次

川のおじさんの出会いや発見を心にひも解きます

 

写真 「歴史と伝統・文化」を生きる
(2005.1.12)
まずは自分の内なるスピリットを呼び 醒ます旅に出よう。
写真 福岡「河童探訪と鯉とりまーしゃん」
(2004.12.27)
「筑後川」は暴れ川ゆえ水信仰が強く、流域は河童伝説でいっぱいだ。
写真 大分「カヌーあそびと講演と」
(2004.12.27)
お、さすがQ太郎。素晴らしい景観の 奥嶽川にカヌーが用意されていた。
写真 島根「旅の原点を求めて」
(2004.12.27)
僕の旅は「歩く・見る・聞く」につきる。出会いに導かれ、今年は2回島根を訪ね た。
写真 川のおじさん、本を出す
(2004.8.4)
古来日本には「違いを認める文化」があった。あらゆる違い・差をのりこえ、これをどうやって文明にまで高めるか。
写真 会津盆地で推理する
(2004.3.30)
都に生まれ、国のゆく末も、鎌倉も視野に入れていたはずの徳一が、なぜ こんな辺鄙なところに寺を建てたのか?
写真 あこがれの会津へ一人旅
(2004.3.4)
会津総鎮守、伊佐須美(いさすみ)神社を訪ね、今回も思わぬ巡り逢いに出くわした。
写真 冬の小樽運河、心地よい一日 
(2004.2.6)
倉庫を改装した 博物館や運河公園の銅像を見学。僕は、人が 生きた証が残るものについ惹かれてしまう。
写真 究極の焚火につどう
(2004.1.6)
焚火=キャンプファイヤー?とんでもない!達人が伝承する焚火術には、田舎の暮らしの知恵・文化が凝縮されて いるのだ。 。
写真 九州の河童たちと再会
(2003.12.15)
清川村「こけこっこ村」 の卵はホンモノの味。竹田市で 姫だるま工房を見学。
写真 雨ニモ負ケズ、高津川へ
(2003.10)
第4回全国源流シンポジウムin高津川 へ。前夜祭は伝統の神楽。源流の山の幸、 川の幸の大盤振舞い。
写真 マダガスカルへ、飛ぶ
(2003.9.24)
大統領を訪問。未来のために、互いの 知恵を絞ろうと、固い握手をかわす。
写真 下北半島、恐山への散策
(2003.5.26)
正津川は三途川となって 宇曽利山湖(うそりやまこ)にそそぐ。 この朱赤の太鼓橋を渡れば・・そこは冥土。
写真 地球単位 で水を考える
(2003.4.11)
第3回世界水フォーラム。2003年3月16日から8 日間、京都・大阪・滋賀の会場に182の国から24,000人余りがつどった。
写真 小雪ちらつく下北半島へ
(2003.3)
案内役は「サステイナブルコミュニティ」を日本に紹介した第一人者、川村健一さん。
写真 阿蘇の外輪山に抱かれて
(2003.1)
「全国お宮さんの川サミットin熊本」の基 調講演と分科会(いきいき地域づくり)の パネラーを頼まれ、熊本へ。
写真 おたよりの主を訪ねて 
(2002.11月)
NPO小貝川プロジェクト 21の大野さんを訪ねて茨城県小貝川へ。
写真 デジカメ片手に鹿島へと
(2003.9月)
12年に一度の鹿島神宮式年大祭御船祭 とあっては、いてもたってもいられない。
写真 台風を従え松本へ
(2002.8)
どうしても見たかった階段流路工 。大正期の砂防事業が豊かな緑に溶け込む。
写真 ひがし北海道の夏
(2002.7)
早朝の釧路川下り。 神秘的な朝もやに吸い込まれるかのように 15艇のカヌーが、 川面を滑る。
写真 大野川に旧友を訪ねて
(2002.5)
仲間達の笑顔、笑顔。話は尽きず。歓迎の 犬江おんな太鼓に感動、飛び入り参加する。
写真 いざ秩父盆地へ 
(4月)
晩年はここで暮らそうと楽しみにしている 山小屋が奥秩父にある。
写真 里の川を求めて
(2002.3)
今回訪ねた山梨県長沢川は、 度々の氾濫と戦いながらも、敢えて、 豊かな自然を残す河川改修を選択した。
写真 円山川流域に、先人を訪ねて 
(2002.2)
円山川流域は、 太古から但馬地方の政治経済や 文化を育くんできた地だ。
写真 2002年。バラバラでいっしょ
(2002.3)
老若男女、強者も弱者も共生できるのが、本当の平和社会。
写真 日常にあって旅をたどる。
(2001)
フッと青葉の頃訪れた 山陰の湯村温泉を思い出した。 もう冬支度は始まったのだろうか。
写真 書斎の窓から、雨にけぶる多摩川。
(2001)
旅はともかく、歩くに限る。 地元の人とのふれあいが あるかもしれない。 
写真 釧路川を、釣る。
(2001)
僕は心浮き立たせ、釧路空港から釧路湿原を目指した。
写真 丁川の懐に、抱かれる。
(2001)
広島に赴任していた僕にとって、今も丁川は、遠くから見る川ではない。
写真 多摩川水干を、訪ねる。
(2001)
ぼくの家は、多摩川の下流にあり、 愛犬との河原の散歩は日課でもある。
写真 四万十川に、遊ぶ。
(2001)
川の原風景を残す四万十川。 そこで目にした投網漁・柴漬漁。
写真 大野川へ、行く。
(2001)
大野川の鮎を食べる。 大野川の水を感じる。
       
※2006年3月に各ページから外部サイトへのリンク切れをチェックをし、それに伴う加筆修正を行いました。

 


   
top profile