お便り
 
宮古島生まれの下地さんからのお便り

 


川のない島で生まれたから、
川が人の心に与えてくれるものを
誰よりもよく見ることができる
下地さんからのおたよりです。

下地さん
 
 

私は、川のないサンゴ礁の島、宮古島で生まれ育ちました。 島には地下水は豊富ですが、湧き水や井戸水として垣間見るだけで、川や湖として水面 に触れることができません。 
島の周りは、サンゴ礁の海。海に行くとのどが渇くので、 海岸の湧き水を探しあて、少ししょっぱい水をよく飲んだものです。  
そのためか陸水(淡水)に強いあこがれや特別な思いがあり、水関係の仕事をするようになったのもこのことが きっかけだったのかもしれません。  
宮古島を出て沖縄本島に住み、大人になった今でも、 県外(本土)へ行き、列車の窓から川や湖、水田の広がりを目にすると、子どものようにはしゃいでしまいます。  
これまで、あこがれの水に関わる仕事が続けられた、そのことを幸せに思い、また、私の名前が、図らずも地下水保 全のために命名されたのかと思うことがあるこの頃です。  
 

2003年3月
   

 
 
成川井
 
成川井
写真:成川井(ナズカーガー)
石灰岩が陥没してできたドリーネの中の湧水
 
 
下地さん
 

 
しもじ くにき
下地 邦輝 さん

 
 
1952(昭和27)年  沖縄県宮古島平良市生まれ。 高校まで宮古島で過ごし、その後は、沖縄本島の那覇市に住む。
県の公害衛生研究所に足かけ22年、その他、行政に3年と県の外郭団体でNGO「ISME:(財)国際マングローブ生態系協会」に3年つとめ、今も主に調整を担当する現役の研究員。
専門は、生態学、水環境。
研究員、行政、NGO職員の経験を生かして、この5年間、休日などに「NPO法人おきなわ環境クラブ(OEC)」を手伝っている。
 
NPO法人おきなわ 環境クラブ(OEC)
 
エコツアーガイド養成講座のこと
 
おきなわ環境クラブ(OEC)では、この3月にプロとしての「沖縄エコツアーガイド」20名を養成した。このガイドは、世界遺産「琉球王国の城(ぐすく)及び関連遺産群」とマングローブ湿地、そしてラムサール条約登録湿地「漫湖」を中心に沖縄の歴史、自然、文化について、現地での解説・案内をはじめ、学校や地域、職場に出かけてセミナーや講習会の講師もつとめる。今、沖縄で新しい仕事として売り込み中である。
 OECは、沖縄県から受託する求職者のための緊急委託訓練を今後も年2回開催して、県内で100名余の同ガイド誕生をめざしている。

 
「次回の募集は6月下旬を予定しています。 沖縄に関心をお持ちの皆様のたくさんの応募を期待しています。」
OEC(オイシー)ニュース No.4
OECが育てた「沖縄エコツアーガイド」

 
 
     

 
ムイガー
写真:ムイガー
宮古島南海岸によく見られる崖下の湧水
 

その他のお便りの一覧を見る


         
top 特集 おたより diary profile