お便り
 


 



幅広い交流を網の目のように巡らせて
水環境を考える 山道さんから、
「第8回 川の日ワークショップ
in 矢作川」
のご報告です。

山道さん
 
 

第8回「川の日」ワークショップin 矢作川は7月16日から18日にわたって愛知県豊田市で行われました。この「川の日」ワークショップは、日本に“いい川”を遺していこうと、全国から我が故郷の川こそ“いい川”だという事例を持ち寄り、“いい川”とはどんな川なのか皆で議論し、その年の“いい川”グランプリを選ぼうとする催しです。今年も、国内から72の事例、韓国から5つの事例が参加し、矢作川河畔での交流会には600人近くの人たちが集まり、大騒ぎになりました。

矢作川は、かつて、水質汚濁が激しい川だったのに、漁協や水利組合、市民の団結によって本当に“いい川”によみがえりました。事前にこのHPに投稿し、みなさんの参加を呼びかけるつもりでしたが、何と参加者が多くホテルが一室もない状態になったため、事後報告になりました。

今年のグランプリは、青森県の小川原湖(高瀬川水系)の三沢市立根井小学校の学童が受賞しました。

2005年7月

 
 
 
学童のグループ選考は林の中で
 
学童のグループ選考は林の中で
学童のグループ選考は林の中で
 
 
山道さん
 

 
やまみち しょうぞう
山道 省三 さん

 
ニックネームは「川道+1」=山道。  
1949年長崎県生まれ。
NPO法人多摩川センター副代表理事、NPO法人全国水環境交流会代表理事、「川の日」ワークショップ実行委員会事務局長。
社会参加、NPOの運営等、デザイン以前の仕組みづくりに興味を持つ。

NPO法人 全国水環境交流会
「川の日」ワークショップ
 

 
 
     

 

写真上:矢作川河畔の古鼡(ふっそ)水辺公園で行われた全大集会と交流会。川風に吹かれながらオカリナの演奏を聴く。

写真下:公開選考会(二次選考)では毎回、熱い議論が交わされる。

その他のお便りの一覧を見る



         
top 特集 おたより diary profile