大峰山脈の水を集めた天ノ川は、村の中程あたりで「坪内」という小盆地を腕に抱くように湾曲する。ここに、神秘的なエネルギーを感じるパワースポットとして、精神世界に惹かれる若者や、著名なアーティストが繰り返し訪れるという「天河大弁才天神社」がある。

「坪内」という地名は、中国の故事「壺中天(神仙の住む仙境、俗界とかけ離れた別 世界をいう)」からきたという云われもある。

天河へ 太古から今再び
天河神社の神殿は地下水に通じた大きな磐座の上に造られているという。自然、水、森・・・・太古の人が神を見いだしたこの磐座に、修験道の開祖役行者によって弥山に祀られた弁才天が迎えられたのだ。明治の廃仏毀 釈、修験道禁止を経て衰退したが、近年再び世に出た。信仰の枠を超えて、今、現代人が求める精神性がここにはあるのだろう。

水と芸能の神さま「弁才天」
天河神社の祭神「弁才天」は仏教以前のインドのサラスバティ河が神格化されたもの。水の女神様だ。サラサラと流れる河の音から妙音天とも呼ばれ、音楽、弁舌、智慧の神ともなった。日本在来の水の女神・市杵島姫命と同体とされる。ギリシャのヴィーナスの流れをくむとも。太古は世界中を個性豊かな八百万の神が自由に飛翔していたのかもしれない。

 

芸能と水の神・天河神社
写真・神社

天の川で、禊ぎ
天の川と坪の内川が合流する静かな場所にある鎮魂殿とその対岸の六角岩。この辺りは川の流れが不思議なほどゆっくりだ。鏡面 のような水面からは水がどっちの方向に流れているのかわからず、奇妙な感覚が・・・。この河原は瞑想に最適だとか。その先に禊ぎの水が一筋落ちている。神事の前に神職たちがここで水行をするという神聖な場所だ。(左写 真:禊ぎの場に降りる階段)

天河の七夕
天空に最も近い地上の「天(てん)の川」は、天空の「天(あま)の川」と平行して流れている。天河神社の伝承では、弁財天が織女に、川向こうにある八坂神社に奉られた牛頭天王(ごずてんのう)が牽牛になぞらえられている。旧暦の七夕の日の夜、村の家々のご先祖様やすべての霊をご供養して、お祓いした1000を超える灯籠を天の川に流し、お祈りが捧げられる。

 

 

天河神社春例大祭 初体験記(H15.4.14)

奉納能長閑な山村の午前11時。神殿を前に仰ぎ着席。太鼓が響き、神事の始まりを知らせる。朗々たる祝詞。鈴、榊、鳥の羽音、緑の風、樹木の匂い。求心力のある場で、新参者の我々は少々異分子だったかも知れない。神仏習合のここでは、般 若心経を唱和するのだと聞いて、密かに虎の巻を持参していたのだが、がさごそ取り出す雰囲気ではなかった。太鼓の音とともにはじまった般 若心経はリズミカルでスピード感がある。隣の若い女性は頭を揺らし忘我の境。急激に高揚感が場に満ちて、弁財天の真言「オン・ソラソバテイ・エイ・ソワカ」(※)でしめられると、ふわっと安らぎが広がった。

このあとヒーリング音楽の奉納、参集殿での直会(※)でくつろいだ後、午後は京都の観世流片山清司外社中による能の奉納である。
神に捧げられる舞台を参拝者たちも囲む。張りつめた空気を鼓の音が鋭く割き、時空が変わった。舞いが佳境に入ると次第に能舞台が無限の空間に思えてくる。
やがて拍手が湧き、皆、しみじみと玉砂利を踏み、散っていった。

三時間弱の春例大祭はこれにて終わり。この神社だからこその神聖な雰囲気の中、贅沢なひとときであった。心が静かに喜んで振動している。

柿の葉寿司※真言(マントラ)
秘密の言葉の意。仏様一つ一つに決められた真言がある。

※直会(なおらい)
神前に供えた御神酒や神饌を、祭典に関わった人たちで共にいただくことで、緊張を解き平常の状態に直ること。
直り合いが語源。天河神社では、一見の参拝者にもすすめられると聞き、驚いた。柿の葉寿司と、村の人たちの心のこもった手作りのお味噌汁、お浸し、お神酒を、感謝をこめていただいた。

天河神社の神宝「五十鈴」をかたどった小さな鈴を
社務所で買うことができます。
シャララシャララと優しい音は弁天様の声でしょうか。
鈴
坪内探訪 高野山以前の弘法大師空海が参籠した・・・。
逃れてきた南朝皇族を社家ら天川郷民が大切に支えた・・・。
在原業平が村の娘に恋をした・・・・。

天河神社のある坪内には、歴史の落とし物ががいっぱいある。

また、ここには「四石三水八つの杜」という言葉があるそうだ。四石とは天河社のある琵琶山の四方に落ちた隕石、社殿の階段の脇にある神石もそれが移されてきたのだとか。三水は湧き出る水で、八つの杜とは周辺に鎮座する神社。

のんびりした村内を散策しつつ、探してみるのも面白い。
銀杏 阿字観碑 業平の墓
来迎院大銀杏(天然記念物)
雄株と雌株が融合しているので実もなる。樹齢1300年。空海の手植えとも。抱きついて対話をする人も多いそうだ。触れるとお祖母ちゃんの肌のようにカサカサと温かかった。枝振りの勢いも見事。
阿字観碑
阿字とは、サンスクリット語のaであり、それは一切万物の源である大自然。空海が天河で達成した真言密教の神髄を表したのがこの阿字観碑なのだとか。むむむ、難解ナリ。阿字観とは密教の暝想法。
在原業平の墓
狩り暮らし たなばたつめに宿からむ
天の河原に我は来にけり

毎年七夕の夜に、天川郷の機織りの上手な娘に逢いに来たという、在原業平の伝承がある。美男子で自由奔放だった在原業平の墓は全国各地にあるそうな。
韋駄天の森 八坂神社 大師堂 舟岡山
韋駄天の森
足の速い神さまが祀られている。鬱蒼としているが、どこか気持ちのいい小山。
八坂神社
牽牛になぞられる牛頭大王(ゴズテンノウ)の社。男っぽい雰囲気がしないでもない。
大師堂
天の川にかかる弥山橋で撮られた写真に弘法大師空海が写 ったことから、橋の側にお堂がつくられた。
舟岡山
聖天様(歓喜天)が祀られている、舟のような横長の小山。
南北朝
湧き水
鎮魂殿
六角岩
南朝遺跡
緑の芝生が気持ちのいい高台に大切に祀られ、南朝の悲哀を慰めている
湧き水
南朝遺跡の脇に湧く水は、神聖な水として特に大切にされているそうだ。山葵が生えている。
鎮魂殿
天河神社本殿は昭和63年に建て替えられたが、その旧材でこの小さな殿社が造られた。
六角岩
鎮魂殿の対岸からパワーを送っているという不思議な石。


天ノ川・序章天ノ川・水の郷天ノ川・洞川温泉街天ノ川・天河神社天ノ川を食べる身体検査

pick up 川