男体山風景 男体山風景 大谷川・山河事情「日光砂防」
男体山風景
日光の大自然の成り立ち
男体山風景

太古から繰り返された日光火山群の活動は、谷を刻み、大谷川を堰き止めて中禅寺 湖を生んだ。あふれ出た大谷川は、もろく、急峻な山々を削りながら氾濫をくり返 し、土砂を運んで下流域に扇型の平地(現在の日光市、今市市にあたる)をつくり上 げ た。やがてそこに人間が住むようになったが、本来の地形、地質、厳しい天候は 変えようがない。相次ぐ土石流や洪水の発生が人々を苦しめた。

クリック「日光・災害の記憶を見る」 日光・災害の記憶を見る

自然の脅威から郷土を守る。砂防なくして日光なし。

  大谷川の変化
  「大谷川の変化」マウスをあてると昭和22年の大谷川になります。

日光の山々は、侵食の進み具合からいえば幼年期後半から壮年期。地球単位 で見れば「崩れ」は、山が老年期に向かう時に起こる当然の現象であり、止めることのできない自然の営みといえる。こうした自然の脅威に対し、知恵と工夫を駆使して人々の生命や財産を守り続けているのが「日光砂防」だ。

日光で最初の砂防事業は、約1300年前、天武天皇が川の氾濫や土石流が続く山々の樹林伐採を禁じた事に始まり、江戸時代には土留め工事も行われるようになっていた。しかし、山々の荒廃は止めようがなく、大正7年、相次ぐ大戦に打ち切りとなっていた県営砂防事業は、日光砂防事務所の前身「内務省第一土木出張所稲荷川工場」へと引継がれる。

翌年、当時最も高度な工法、比類ない強度と期待されて完成した稲荷川第一ダムは、三ヵ月後未曾有の大水害によって流出する。こうした苦難を乗り越えて、「日光砂防」の研鑚と戦いの歴史は、そのまま、自然との「共生を求める模索」の歴史へとつながる。

クリック「大谷川流域の日光砂防三大事業を見る」 大谷川流域の日光砂防三大事業を見る

「山河ありて想うもの」
今では大谷川流域の人々の生活や歴史遺産は守られ、有数の観光地として世界中から人々を迎え入れている。かつて氾濫原だった場所さえも、安全な敷地として生まれ変わりつつある。時と共に災害の記憶は遠ざかっていくが、自然の営みを止めることは誰にもできない。根気よく「崩れ」を抑えていくことが必要だ。流域の「安全と安心」を支え、今日も、日光砂防の地道な研鑚と防災工事が続く。

クリック「砂防豆知識」 知っていますか?砂防豆知識

般若沢下流砂防ダム「SABO」未来に向けて
日本の砂防技術は世界で最も進んでいるとして、今や「砂防」は、国際共通 語「SABO」となった。21世紀を迎えて、自然環境への配慮、地球規模で進行する地質荒廃、他国への技術援助などが課題。新しいい工法や技術への創意工夫、導入が積極的に行われている。
いろは坂からの景勝地にある般若沢下流砂防ダムでは、現場の岩をシリコンで型取りしてつくった型枠をダム面 に用い、周囲の自然環に溶け込む配慮がされている。


クリック「日光砂防工事事務所自慢紹介」 日光砂防工事事務所自慢紹介

国土交通省河川局関東地方設備局日光砂防事務所ホームページ
国土交通省河川局 砂防や土砂災害について紹介「土砂災害に備えて」
社団法人 全国治水砂防協会

写真提供:国土交通省河川局関東地方設備局日光砂防事務所

参考文献
 「日光砂防70年の歩み」 「悠久の時に刻む」(国土交通省日光砂防工事事務所発行)
 「崩れ」幸田 文著 (講談社)

参考資料
 国土交通省日光砂防工事事務所発行  関連パンフレット
 インタープリベント2002実行委員会企画編集 「日本砂防の歩み」
 旧建設省監修 「日本の砂防」
 旧建設省関東地方建設局 「かんとうの砂防」

大谷川・聖なる日光大谷川・中禅寺湖物語大谷川・華厳の滝大谷川の恵み大谷川・日光砂防身体検査

pick up 川