川のおじさん川を語る
その三「地域の風土をどう語るか」

 

 さる4月7日、「国土と地質と観光と」と題する「グッピ(地質情報活用機構)」【1】の第1回フォーラム)」【2】があった。私がその基調講演を行なったのだが、その狙いは、今後、各地域において地質を中心に「ジオパーク」【3】をつくろうという呼び掛けであった【4】。その地域の自然を生かすかことは「ロマンある地域づくり」の基本であって、自然の三大要素のひとつである地質(土を含む。以下に同じ。)を精一杯生かさない限り地域の観光に広がりと深みはでてこない。さらに、その地域の風土を知るということはその地域に生きる人びとにとって生きるということそのものにほかならない。

 これと同じように、私たちは「歴史と伝統・文化」を生きているのであって、地域においてその地域の「歴史と伝統・文化」を語らなければならない【5】。そして、その地域と地方との関係、国との関係を語らなければならないのである。ちなみに、私たちはゆめゆめ「歴史と伝統・文化」に生きるなどと言ってはならない。私たちは、過去から未来に向けて今という現在を生きているのである。永い時間軸のなかで今という一瞬一瞬を生きているのである。

 川を抜きにして地域の歴史を語ってはならない。その地域の歴史というものは川とともに刻まれてきたからである。農耕との関係も大きいが、川が舟運に果 たした役割は実に大きい。皇太子が言われるように、京都に都ができたのは、京都が、淀川を通 じて瀬戸内海、木津川を通じて奈良、宇治川と琵琶湖を通じて日本海にそれぞれ繋がっていたからである【6】

 卑弥呼の頃多くのクニが小河川のほとりに発生したのは稲作との関係からであるが、地方豪族の誕生と成長については大河川の舟運というものを考えながら語らねばならないのではないか。私はそのような考えから、日本の「歴史と伝統・文化」というものを見ているが、わが国の伝統・文化の多くが「水とのかかわり合い」のなかで育ってきたという面 もあるので、地域の川や水を語るということは日本の「歴史と伝統・文化」を語ることそのものでもあるのである。

 「ロマンある地域づくり」【7】とは、地域の自然的特性、歴史・文化的特性にもとづき、人々の感受性の深層部分を震わせるような気配りのされた個性ある地域づくりであって、それは「共生の思想」にもとづいて行われなければならない。地域の自然的特性を象徴し歴史・文化的特性を象徴する「川」をいろいろな切り口で大いに語ろう。特に近畿地方の川はそうである。

 明治政府の治水工事は、明治元年、まず淀川において始められる。その後まもなく、木曽川と筑後川においてもスタートするが、明治33年、河川法にもとづき利根川や九頭竜川などの第2グループがスタートするのである。その立て役者は、今ではほとんどの人が知らないが、九頭竜川の生んだ大政治家・杉田定一先生【8】のなみなみならぬ ご尽力のお陰なのである。その延長線上に、東郷重三先生【9】という地元の傑物がおられる。

東郷先生と語り合う 杉田先生の墓石の前で
東郷重三氏を囲んで九頭竜川鳴鹿大堰の建設当時の想い出を語る   杉田定一氏の墓前で、その功績を語る東郷重三氏

 河川関係機関では、河川行政の歴史上特筆すべきものをその生き証人から公述記録するというプロジェクトが始まっている。オーラルヒストリーである。すでに、渡辺隆二さん、西川喬さん、川崎精一さん、小坂忠さんという・・・私たち河川技術者の大先輩の報告書が刊行されているが、この度、東郷重三先生の「九頭竜川にかける男」(2006年2月28日、河川協会)が刊行された。【10】地元の方々の治水に対する思いというものがどういうものがどういうものかが良く判る。たいへん貴重な記録であろう。東郷重三先生にあらためて深甚なる敬意を表するとともに、関係の方々に感謝を申し上げたい。

東郷重三先生
東郷重三先生の句
東郷重三先生(昭和62年県会議員辞任の朝撮影/「九頭竜川にかける男」より転載)   東郷重三先生の句/不孝者せめて母なる九頭竜に孝行したき企てに遇う(「九頭竜川にかける男」より転載)

 「歴史と伝統・文化」というものは、必ずそれに関わった人がいるのであって、その人の物語でないと人びとの思いというものが伝わってこない。ただ単にできごとを羅列するだけでは表面 的で深みが欠如する。面白くないのである。歴史というものは、いろいろな矛盾のなかで最良の選択が行なわれたのであって、歴史の必然性というものがあるのである。人に焦点を当てて歴史を語らねばならない所以である。

 近畿地方では、「歴史街道」というプロジェクトも始まっている【11】。「道」の歴史は古いが、古代、「道」は舟運であった。河川に関わる行政官は、せいぜい川や水の歴史的或いは文化的遺産を拾い集めて人びとの目につくようにしてほしい。そういう情報をもとに作家は想像を逞しくして、きっと魅力ある人物を舞台の上に登場させてくれるに違いない。田辺朔郎【12】は、いうまでもなく近代土木を始めた先駆者である。私たち土木技術者の大恩人である。田村喜子の「京都インクライン物語」(山海堂刊)【13】があって近代土木というものがどのような背景のもとどのようにして誕生したのかが判る。土木のすばらしさというものがイキイキと語られている。 私たちは、「川」を中心に、風土を語り、土木のすばらしさを語り、そして「歴史と伝統・文化」のすばらしさを語らなければならないのである。それを全国の中でもっともやり得るのは「近畿地方の川」である。

 大和盆地になぜ古代国家が誕生したのか。物部氏【14】はどのようにして大野川に誕生し、どのように大和盆地に進出し、どのように東北を併合していったのか。東大寺【15】というあのようなどでかい木造建築物が何故あの時代につくり得たのか。すべて川を考えないで答えを出すことは難しい。近畿地方では、海の舟運も含めて古代の舟運について大いに語ってほしい。角倉了以(すみのくらりょうい)【16】の保津峡開削【17】は知る人ぞ知るであるが、その劇的な物語を是非語ってほしい。

保津峡出口付近 オランダ堰堤
京都亀岡盆地から嵐山へと流れ下る保津峡出口付近(写 真提供:国土交通省淀川河川事務所)   デレーケ指導による、草津川上流大津市上田上のオランダ堰堤(写 真提供:国土交通省近畿地方整備局)

 また、治水としての砂防も語ってほしい。藤原京の用材だけでなく飛鳥、奈良時代の仏教の伝来や大陸文化の渡来によって奈良七大寺(東大寺など)のほか地元でも石山、三井寺などの建立で田上の山々が伐採されたようだ。田上山で行なわれるようになった近代砂防(山腹工)の持つ歴史的意義【18】を大いに語ってほしい。また、大和盆地を守るために、現在、砂防技術の粋を集めて「亀の瀬」の地滑り対策【19】が行なわれているが、これにも劇的な物語があるはずである。そういう劇的な物語を是非語ってほしいと思う。

(河川プレビューNo.134 夏季号 河川新風土記3.より転載)

季刊「河川レビュー」

 


【1.グッピ(GUPI)】
  NPO法人地質情報整備・活用機構。Geological Information Utilization and Promotion Initiativeの略。
NPO法人 地質情報整備・活用機構(GUPI)
 
【2.GUPI第1回フォーラム】
第1回 GUPI GEOFORUM;第8回国土政策フォ−ラムのお知らせ
 
3.ジオパーク】
ジオパークとは(「GUPI」WEBサイト内)
 
【4.GEOPARKS設立活動】
  「観光立国」を目指す「日本列島地質事象百選」等の事業が更に発展した活動で、わが国が地形・地質・緑に恵まれた反面 、安全な国土づくりが宿命として推進されている。
(独)土木研究所 平野 勇「国造り、地域造り、地人造りとしてのジオパークの提言(PowerPointによるプレゼンテーション/「GUPI」WEBサイト内)
 
【5.歴史と伝統・文化を生きる】
川のおじさんの日記から・・・
 
【6.皇太子の講演】
  テムズ川の舟運研究者で水問題にも深い関心を寄せる徳仁殿下は、第3回世界水フォーラム(2003年・京都)で名誉総裁として講演を行なった。
講演「京都と地方を結ぶ水の道―古代・中世の琵琶湖・淀川水運を中心として」(宮内庁WEBサイト内)
 
【7.ロマンある地域づくり】
川のおじさんの原点「地域づくりの実践」
 
【8.杉田定一(すぎた ていいち)】
  851〜1929年。福井県出身の自由民権運動指導者、政治家。九頭竜・日野・足羽の三大河川改修に国費を投入、抜本的改修を推進した。また、定一の父、杉田仙十郎は「国の雨もりを治すため」と定一の学問と政治活動の支援に全資産を投じた。
 
【9.東郷重三(とうごう しげぞう)】
  1919年〜。元福井県議会議長。地域密着型の政治家として九頭竜川などの治水事業に大きな功績をあげた。
九頭竜川流域史「治水に貢献した人たち」(福井河川国道事務所)
 
【10.河川関係機関によるオーラルヒストリー】
 

(社)日本河川協会「河川歴史研究」事業部門では、河川事業等の歴史資料として口述記録を実施。その成果 冊子(非売品)を全国の主要図書館・施設に配布中。

オーラルヒストリー

(社)日本河川協会のご紹介(日本河川協会WEBサイト内/しおり)
 
【11.「歴史街道」プロジェクト】
  1991年、日本の国宝の約6割、重要文化財約5割、国指定の史跡名勝約3割が集中する関西に、歴史街道推進協議会が発足。
歴史を超えた旅に出よう(歴史街道推進協議会)
 
【12.田辺朔郎(たなべ さくろう)】
日本の科学者・技術者100人「田辺朔郎」(田中舘愛橘記念科学館WEBサイト内)
 
【13.京都インクライン物語】
書籍紹介(amazon.co.jp)
 
【14.物部氏について】
川のおじさんの考察「物部氏」
 
【15.東大寺】
華厳宗大本山東大寺
 
【16.角倉了以】
京の春夏秋「角倉了以と京都の舟運」(京都小売商業支援センターWEBサイト内)
 
【17.保津峡開削】
「角倉了以翁と保津川」(保津川開削400周年記念事業実行委員会事務局/亀岡市経済部商工観光課内)
 
【18.田上山(たなかみやま)と砂防】
田上山の歴史と「オランダ堰堤」(「ふれあい近畿」国土交通省近畿地方整備局WEBサイト内)
田上山七賢人物語―砂防と緑化にかけた先哲たち―(国土交通省琵琶湖河川事務所WEBサイト内)
 
【19.「亀の瀬」の地滑り対策】
亀の瀬地すべり災害を防ぐ(国土交通省大和川河川事務所WEBサイト内 )
 

 

 

 

   
top 特集