Re: 日本の文明原理を確立せよ 

| タイトル一覧へ | 前へ | 次へ | コメントをまとめ読み | 新規 | コメント | 引用してコメント

 

タイトル: 1316 . Re: 日本の文明原理を確立せよ

お名前: 岩井国臣

投稿日: 1/1(14:54)

オリジナル: 1310. 日本の文明原理を確立せよ ▼ [針貝 武紀] 12/27(03:41)

コメント元: 1315. Re: 日本の文明原理を確立せよ ▼ [岩井国臣] 1/1(08:53)

 

------------------------------  

針貝さん こんにちわ! 只今宮中参賀から帰って参りました。早速レクを続けます。

RE:日本の文明原理を確立せよ。

気のついたところを取りあえずコメントさせていただきます。

 

1、 「日本の文明原理を確立せよ」とおっしゃってますが、日本が中心になって世界の文明原理を確立せよという意味で理解させていただきます。

私は、文化とはローカルなもの、文明とはグローバルなものと考えています。世界に普遍的な文化は文明といってよいのだろうと思います。わが国は、そういう世界に普遍的な文化をこれからどんどんつくっていかなければならないのだと思います。そのためのキーワードは、「やよよろずの神」であり、「ダイバーシティー」であり、「ネットワーク」ではないでしょうか。

 

2、 「競争社会から協力社会へのパラダイム変換」とおっしゃっていますが、私も全く同感です。

それが市場原理の経済から贈与経済(ボランタリー経済を含む)への変換ということでしょう。その哲学は、中沢新一のいうところの「光と陰の哲学」であり、その実践が「モノとの同盟」であります。その実例が、今、「コミケ(コミック・マーケット)」で「コミネ(コミック・ネットワーク)」として現れ出てきています。

 

3、 「かって芸術と技術は近かった」とおっしゃっていますが、私は、本来、「芸術と技術は同じもの」と考えています。ハイデガーの技術論というのがあり、かって読んだことがあるのですが、もう一度読み替えし、私の技術論をやりたいと考えています。

 

4、「協力を原理とする社会」とおっしゃっていますが、それがとりもなおさず「贈与経済社会」なのです。世界は、それを取り戻さなければなりません。そのためには、「人類はるかなる旅」を振り返り、民族学的なアプローチをもっともっとやらなければなりません。お茶の間や子供の教育においてもその成果をいかしていかなければなりません。西田幾多郎の「場所の論理」や中村雄二郎の「リズム論」にもとづいて考えれば、そういう生活環境が大事で、そのためのインフラ整備として、私は、「コミネ」を考えています。

 

5、「メアリー・フレーザーの文章」を紹介していただき有り難うございました。そのうちに私もその本を呼んでみたいと思います。わが国は、本来、そういうすばらしい社会であったのですね。その事実は極めて大事で、それは私達の文化のなかに残っています。それをもう一度呼び覚まし、磨きを欠けて、世界に普遍的な文化、すなわち文明にアウフヘーベンさせなければなりません。

 

6、 「世界に支配的な欧米流の、競争原理でこれからも行くのか、思案のしどころです」おっしゃっていますが、思案のしどころではありません。そうではなくて、それを乗り越えなければならないことはもうはっきりしているのです。なんとしてでも力の文明を超えていかなければならないのです。

 

7、「冷戦後いよいよ、西洋の文明原理が地球全体の多様性を拒否し、席捲しようとしています。この文脈に沿う、顧客(国民)の満足度を高めるための構造改革には、最終的には、「合成の誤謬」が働く陥穽はないのでしょうか。」とおっしゃっていますが、そのとおりでしょう。

 しかし、ここで大事なことは、それを否定しつつ肯定することです。私がいうところの「両頭截断」して、善でもないし悪でもない、逆に、善でもあるし悪でもある・・・・という絶対的な認識論でやっていく必要があるということです。

 すなわち、西洋の文明原理を否定するだけでは何も進展はないということです。同盟を結ぶのです。妥協といえば妥協ですが、我々の言い分も通さなければなりません。同盟です。欧米の近代文明にしてみれば、しゃくかも知れませんが、近代文明は「モノとの同盟」を結ぶのです。私達の伝統的な思想からいえば、「モノ」も「タマ」も同じです。物部の「タマ」です。「モノとの同盟」は「タマとの同盟」といって良いでしょう。

 

8、 冒頭に戻りますが、日本の文明ではなくて、これから日本が中心になってつくっていく世界の文明です。大事なのは、その稼動原理です。その原理は、「モノとの同盟」です。モノとタマの一体化です。両頭は切断されなければなりません。「両頭截断」。「両頭截断して、一剣天に依って凄まじ」・・・です。競争原理か協力原理かではありません。競争原理も必要だし、協力原理も必要なのです。それが「両頭截断」です。

 

註:言葉足らずのところは、「桃源雲情」のホームページ内検索で適当なキーワードを入れて検索して下さい。ただし、「コミケ」とか「コミネ」はこれからアップする予定ですので、まだ検索に対応できていません。これからです。 

 

 

 

 

 

 

------------------------------

 

▼コメント

 

1337. Re: 日本の文明原理を確立せよ ▼ [針貝 武紀] 1/26(02:15)

1338. Re: 日本の文明原理を確立せよ ▼ [針貝 武紀] 1/26(07:06)

1341. Re: 日本の文明原理を確立せよ [山中修] 1/31(17:08)

1340. Re: 日本の文明原理を確立せよ ▼ [岩井国臣] 1/31(07:44)

1342. Re: 日本の文明原理を確立せよ [山中 修] 1/31(17:43)

1343. Re: 日本の文明原理を確立せよ [針貝 武紀] 2/1(18:02)

 

 

[タイトルへ]

Maintenance:DeltaCommunications support@deltacom.co.jp

 

Iwai-Kuniomi