武家社会源流の旅

「平和の原理」は見つかるだろうか・・・???



 地球環境問題や平和の問題など、もはや科学万能ではやっていけなくなった今日、新しい文明を早急に作っていかなければならないことは明らかであろう。その新しい文明はどう呼べばいいのか。適当な言葉を思いつかないので、仮に、「新文明」と呼んでいこう。「新文明」において、これから、日本は・・・「日本文化」を基調として世界に貢献していくことができるであろうか。

 

 私たち日本人は、我が国の歴史や伝統・文化をもっと勉強し、わが国の歴史や伝統・文化にもっと自信を持つべきであろう。その上で、「日本文化」を育て、そのなかで世界貢献をしていかなければならないのではないか。 

 今は、「日本文化」を語るべきときである。私は、「日本文化」の大きな特徴である「神仏習合」について語りたい。日本の「神仏習合」は、縄文文化を基層として出来上がったものである。したがって、「神仏習合」について語るということは、縄文文化を語ることでもある。梅原猛さんが言うところの「森の思想」を語ることでもある。

 歴史を語るその舞台は、当然のことながら居住地ということになろうから、私の場合は、どうしても京都と、・・・・・多摩川は上野毛が中心にならざるを得ない。京都は大学を卒業するまで二十四年、上野毛は治水課の課長補佐の時より二十六年である。 すでに京都を中心に、・・・・怨霊、鬼、妖怪を語りながら、「平和の原理」を語ってきた。いよいよ多摩川は上野毛を中心に、・・・いろいろと想いを馳せながら、・・・さらに先に進んでいくことにしたい。とりあえずは怨霊から解き放たれて・・・・。

 武家社会の成熟した姿は江戸時代のそれに見れるのだが、武家社会の源流そのものも関東にあることは言うまでもない。その源流を遡ればどこにたどりつくのか、・・・・とりあえずは「武家社会源流の旅」を旅してみたい。「武家社会源流の旅」・・・・はたして・・・「平和の原理」が見つかるだろうか・・・・。


等々力渓谷・・・大和の勢力に対抗する多摩川の豪族!

神田祭り・・・・・・・平将門の怨霊をどう鎮めるか!

将門岩・・・・平将門の怨霊が封じ込められている!

大磯・高麗神社・・・・高句麗王・若光、大磯に上陸!

大山阿夫利神社・・大山の歴史と魅力を実感しよう!

大山寺・・・・・武家社会源流の旅の鍵・・・良弁??

初島・・・・・・・・・・・・・・黒潮文化の伝播!

伊豆山神社・・・・・・・・・・いよいよ政子の登場!

伊豆は北条・・・・・・・・・・・政子のふるさとへ!

やっと鎌倉・・・・・・・・いよいよ武家社会の源流!

甘縄神社・・・・・・・謎の人物、染屋太郎太夫時忠!

星井寺・・・・・・なぜ行基はこの寺を創建したのか?

頼朝と政子の墓・・・・・・・・いよいよ謎は深まる!

鎌倉大仏・・・・・・・・頼朝の怨霊を鎮めるためか!

高麗郷・・・・・・・・高麗王若光の入植とその影響!

古代における関東・・・・東北経営の戦略拠点・鎌倉!

日本武尊・・・・・・・・武家社会源流のさらに源流!

栂尾は高山寺・・・・・武家社会の源流に辿り着いた!

 

旅のすすめ



テクテク京都!
 ・鞍馬・貴船
 ・金閣寺道
 ・京見峠
 ・針抜き地蔵
 ・上賀茂神社
 ・松尾神社
 ・神泉苑
 ・車折神社

帰京報告
 ・私と京都
 ・堀川の想い出
 ・わが「草の庭」
 ・いつもの散歩道
 ・京都の桜



平安遷都を訪ねて

   

金のトランペット吹き鳴らせ

武家社会源流の旅

  

沖縄の旅

北の旅



愛犬との散歩道

多摩川の桜

   

桜の花の絨毯

juuu-net私の旅河童大明神地域づくりhome

Iwai-Kuniomi