大安寺

だいあんじ

 

奈良市にある真言宗の寺。南都七大寺の一つ。639年(舒明11)十市郡の百済(くだら)川のほとりに建てられた百済大寺に始まり,673年(天武2)高市郡に移って高市(たけち)大寺と称し,677年大官大寺と改称。

さらに平城遷都の際,716年(霊亀2)左京六条四坊に移転し,大安寺と名を変えた。造営には遣唐留学僧の道慈が参与し,長安の西明寺をモデルにしたといわれ,東大寺,西大寺と並んで南大寺とも称された。伽藍の大きさや資産は,747年(天平19)の《大安寺伽藍縁起流記資財帳》に詳しい。奈良時代は三論宗の拠点で,大安寺流と呼ばれたが,829年(天長6)空海が別当となってから真言宗の寺となった。9世紀後半のころ神仏習合思想により,行教(ぎようきよう)が宇佐八幡宮を境内に勧請(かんじよう)した。

911年(延喜11)に講堂が,949年(天暦3)に西塔が焼け,1017年(寛仁1)にはほとんどの堂舎を焼失した。のち再建が行われたが,鎌倉時代以降はしだいに衰微し,16世紀末にはわずかに金堂を残すのみで,1711年(正徳1)高籤(こうせん)が再興を試みたが,進まなかった。

律令時代には国家の造営にかかる大寺として,その由緒と偉容を誇った七大寺のうち,当寺だけが中世に衰えたのは,南都仏教復興という時代の波に乗る人材を欠いたことによるものと思われる。⇒大官大寺         中井 真孝

 

 

[文化財]  旧金堂,講堂周辺から二彩および緑釉の垂木先瓦,軒平瓦,軒丸瓦や(せん),道慈請来品を含むと思われる唐三彩の陶枕(三十数個)や壺などが出土しており,創建大伽藍の華やかさがしのばれる。十一面観音菩像(重要文化財)をはじめとする8世紀後半から9世紀初頭にかけての一群の木造尊像が残存し,なかでも千手観音(伝馬頭観音),楊柳観音菩像(いずれも重要文化財)などは初期密教彫像として貴重である。なお《大安寺伽藍縁起流記資財帳》(重要文化財)は,奈良市菩提山町の正暦(しようりやく)寺に伝えられている。            宮本 長二郎

 

(c) 1998 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.

Iwai-Kuniomi