御願寺

ごがんじ

 

天皇の御願を修する寺の意で,平安時代に盛行した。奈良時代の官大寺と異なり,皇室を檀越(だんおつ)とする皇室の私寺で祈裳所,菩提所として営まれ,天皇譲位後の居所としての性格もそなえる。天皇御願のほか,上皇,皇后,親王等にも用いられ,貴族や僧侶の建立した寺を奏請する場合も多い。京都近辺に集中するが,平安中期以降地方寺院で御願寺となる例も増加する。代表的なものに,山陵に接して建立された仁和寺,醍醐寺,叡山定心院・妙香院,仁和寺に近く,円融天皇御願にはじまる四円寺(円融寺,円教寺,円乗寺,円宗寺),院政期の象徴ともいえる洛東白川の六勝寺(法勝寺,尊勝寺,最勝寺,円勝寺,成勝寺,延勝寺)がある。               西口 順子

 

(c) 1998 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.