堀川について



ほりかわ  堀川


京都市内のほぼ中央部、二条城の東側を南流している川。
私の育った家は堀川沿いにあった。「東堀川丸太町下る」である。
川は懐かしい。
少し説明をさせて欲しい。


北区で賀茂川(鴨川)から分かれ,ほぼ現在の堀川通りに沿って流れ
下り,南区上鳥羽で再び鴨川に合流する。
古くから運河として利用され,丹波から桂川へと流された材木は堀川
をさかのぼって五条付近まで運ばれ,中世には材木市が立ち,商人が
集住した。堀川沿いには江戸時代にも材木商が多く,儒者伊藤仁斎の
生家は材木商であったと伝え,堀川学派の古義堂も堀川下立売にあっ
た。近世後期には川沿いに染色業も発達する。
現在,堀川は二条城の付近から上流の一条戻橋付近までを除きほとん
どが暗渠となっており,開渠の部分も水流がなく排水溝のようになっ
ている。堀川の復活がこれからの課題だ!





堀川の詳しい説明はここをクリック!

Iwai-Kuniomi