堀川について



ほりかわ  堀川
京都市街の中央部を南流する川。北区で賀茂川(鴨川)から分かれ,
ほぼ現在の堀川通りに沿って流れ下り,南区上鳥羽で再び鴨川に合流
する。全長約8.2□。平安京建設以前は堀川が鴨川の本流であったとす
る説もあるが,明証はない。紙屋川(天神川)を西堀川とよぶのに対
し,東堀川とも称された。現在の堀川通りは平安京の堀川小路に相当
し,他の小路が幅4丈であったのに対し,堀川の幅を加えて8丈幅で
あった(川を挟む両側の通りをおのおの東堀川通り,西堀川通りとい
う)。二条堀川には藤原氏の邸宅堀河殿(堀河院)があり,しばしば
里内裏)さとだいり)とされた。六条堀川には源氏堀河館があり,頼義
以後,為義,義朝,義経など源氏累代の館であった。古くから運河と
して利用され,丹波から桂川へと流された材木は堀川をさかのぼって
五条付近まで運ばれ,中世には材木市が立ち,商人が集住した。堀川
沿いには江戸時代にも材木商が多く,儒者伊藤仁斎の生家は材木商で
あったと伝え,堀川学派の古義堂も堀川下立売にあった。近世後期に
は川沿いに染色業も発達する。現在,堀川は一条戻橋(上京区)付近
までは暗渠となっており,下流でもほとんど水流がなく,排水溝のよ
うになっている。

金田 章裕




   戻る

Iwai-Kuniomi