星井寺

 

 

極楽寺坂切り通しの入り口に、

鎌倉十井のひとつ「星月夜の井(ほしづきよのい)」という井戸がある。

そのすぐ横が星井寺(ほしいでら)である。

 

正式には、明鏡山円満院星井寺という。

天平年間、聖武天皇の時代に、行基によって創建されたと伝えられる。

 

 

 

 

 

 

此の寺の虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)は、

日本三大虚空蔵のひとつで、会津は圓蔵寺のそれと並んで大変貴重な仏像であります。

 

源頼朝もこの菩薩を崇敬したといわれています。

 

昔は、35年に一度の御開帳であったそうですが、

最近では、毎年1月13日に開帳され、初護摩が焚かれております。

 

境内の石仏はこの寺の古さをそれなりに感じさせてくれますが、

星井寺は一見何の変哲もない普通の寺で、

なぜ行基がこの寺を創建したのか不思議に思われます。

 

 

 

鎌倉には、板東33ケ所観音巡礼の札所が4つもありますが、

そのうち一番札所の杉本寺と二番札所の岩殿寺が

行基の創建になるとされております。

星井寺といい、

杉本寺といい、岩殿寺といい、

鎌倉に行基が頻りに登場するのは何故なのか。

そこが大いなる疑問ですね。

 

大仏開眼の立て役者は、よく知られているように、

行基と良弁ですが、

この二人がともに鎌倉と深く繋がっている。

なにせ、良弁の父・染屋太郎太夫時忠(ときただ)はこの星井寺のすぐ近くに住んでいたのですから・・・・・。

 

 

さらに言いますと、

 

四番札所の長谷寺は、これまた天平年間に、

藤原房前(ふささき)の力によって建てられたと言われていますが、

藤原鎌足の玄孫と言われている染屋太郎太夫時忠(ときただ)と

藤原房前(ふささき)とはどう結びつくのでしょうか。

なにせ長谷寺と染屋太郎太夫時忠(ときただ)の屋敷とはすぐ目と鼻の先ですからね。

 

先に述べたように、

染屋太郎太夫時忠(ときただ)の創建した甘縄神社が後年源義家の氏神になった・・・・

どうも・・・・染屋太郎太夫時忠(ときただ)が・・・

この謎を解く鍵を握っているように思えてなりません。

しかし、染屋太郎太夫時忠(ときただ)のことはよく判らないのです。

藤原鎌足の玄孫で、鎌倉の長者であったらしいということぐらいしか判っていない。

それも言い伝えでしかない。

いっさいは霧の中であります。

想像を逞しくしてこの謎を解くしか方法はなさそうであります。

 

鎌倉幕府が開かれるはるか昔、

天平の頃、

鎌倉はどういう場所であったのか、

・・・・

そのへんを探っていきたいと思いますが、

その前にもう少し鎌倉をほっつき歩いてみたいと思います。

まずは、頼朝と政子の墓を訪ねましょう。

 

 

Iwai-Kuniomi