保元の乱 ほうげんのらん

 

1156 年 (保元 1) に起こった京都の争乱。 〈ほげんのらん〉ともいう。 皇室・摂関家内の勢力争いに源平 2 氏の武力が介入して勃発した。

白河院政開始 (1086) 後,朝廷には〈治天の君 (ちてんのきみ) 〉=院と天皇と二つの権力が競合併存することとなり, それにともなって勢力争いは複雑かつ熾烈化していった。

白河院没 (1129) 後はその子鳥羽上皇が院政をとったが, 鳥羽院は 1141 年 (永治 1)崇徳 (すとく) 天皇(鳥羽院の子。 実際は白河院の子で,そのため鳥羽院は〈おじご〉と呼んでいたという) を謀って退位させ, 鳥羽院と美福門院(びふくもんいん)との間に生まれた近衛天皇 (3 歳) を即位させた。 新天皇は病弱で 55 年 (久寿 2) に没するが, このとき崇徳上皇はみずからの重祚 (ちようそ) か, 子重仁親王の即位を期待した。 しかし鳥羽,美福門院は近衛の兄後白河天皇を即位させ, 皇太子には後白河の子守仁親王 (後の二条天皇) を立てた。 このため崇徳上皇は皇位継承・執政の望みを完全に絶たれた。

一方摂関家では,藤原忠実(ただざね)とその子忠通 (ただみち)・頼長 (よりなが)兄弟 3 者の間に対立が生まれていた。 初め忠実・頼長父子は鳥羽院に重用され, 忠実は関白忠通から内覧(ないらん) を奪って関白の地位を有名無実化させ, 氏長者 (うじのちようじや) の地位とともにこれを頼長に付与してしまった。 そこで忠通は美福門院への接近を図って策動し, その結果今度は忠実,頼長が鳥羽院の信頼を失って失脚, 後白河天皇即位を機に頼長の関白就任・内覧宣下の望みは絶たれた。

 

  56 年 7 月 2 日鳥羽院が死去すると,天皇方は崇徳上皇, 藤原頼長両人をしきりに挑発,上皇方はこれに乗って白河殿に源為義・為朝父子や平忠正らの武士を招集した。 これに対し天皇方は為義の嫡子源義朝, 忠正の甥平清盛など主要な武士を掌握していた。

同月 11 日未明,天皇方は白河殿を急襲して火をかけ, 上皇,頼長は逐電した。 ほどなく上皇は捕らえられ,頼長は流矢に当たって死去した。 乱は半日で天皇方の勝利に決した。

乱後,上皇が讃岐に配流されたほか, 上皇方の与同人はそれぞれ流罪に処せられた。武士に対する措置は厳しく,薬子 (くすこ) の乱 (810) 以来とだえていた死刑が復活され, 平忠正とその子息たちは清盛によって六波羅で斬られ, ついで源為義とその子息たちが義朝によって斬首された。

 

 この乱によって武士の重要性が公家に認識されたうえ, 武士自身も自分の力を自覚することとなる。 藤原忠通の子の僧慈円が《愚管抄》に〈鳥羽院ウセサセ給ヒテ後, 日本国ノ乱逆ト云コトハヲコリテ後, ムサ (武者) ノ世ニナリニケル也〉と記したように, 保元の乱を契機に武家政権成立への胎動が始まったということができる。 ⇒平治の乱

 

飯田 悠紀子

Iwai-Kuniomi