井上内親王 717‐775(養老1‐宝亀6)

いかみないしんのう

 

光仁天皇の皇后。井上は〈いのうえ〉〈いのえ〉と称する説もある。父は聖武天皇,母は夫人県犬養広刀自。不破内親王,安積親王の同母姉。

721年(養老5)5歳で斎内親王に卜定され,11歳から20年近く伊勢大神宮に侍した。のち白壁王(光仁天皇)の妃となり酒人内親王を生み,即位と同時に皇后となる。

 

しかし772年(宝亀3)長年にわたり天皇を呪詛したとして,巫蠱(ふこ)・厭魅(えんみ)大逆の罪で廃后され,これが息子の他戸(おさべ)親王(実子でないという説もある)の廃太子・皇籍奪事件に発展し,翌年天皇の同母姉難波内親王の死が彼女の厭魅によるとして,母子ともに大和国宇智郡に幽閉され,1年半後に日を同じくして没した。

この死は他殺もしくは自殺の可能性が強く,没後早くから祟りを恐れ,墓を改葬し山陵とし,后位を追復し吉野皇太后と追称したり,神社や山陵に幣帛や読経の奉納が行われている。

 

この事件は藤原百川が中心となり天智天皇系の光仁―桓武の皇位継承を確立するため,天武天皇系の井上―他戸を廃する陰謀とみる説が有力である。

 

事件の異常さは皇后が現身に竜となって祟ったとして早くから伝えられ,《水鏡》は天皇と皇后が美男美女をけた双六に端を発し背後に百川の暗躍する怪奇な事件とし,百川は怨霊となった皇后に悩まされて死んだとする。

《愚管抄》も百川に殺された皇后が竜となり百川を蹴殺したとの説を載せるなど,《平家物語》《太平記》をはじめ怨霊の顕著な例として知られた。 

           勝浦 令子

 

(c) 1998 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.

Iwai-Kuniomi