「かぐや姫」の物語とは

 

 かぐや姫の物語は誰もが知っている。わが国の古典文学の中で、子供たちにもっとも親しまれている物語のひとつだ。正式には竹取物語という。竹から生れた光り輝くお姫様という設定はまったく童話的であり、事実、童話として古くからいろんな書物が出ている。しかし、この物語の原本は、もちろん子供用として作られたのではなくて、すぐれて大人向けの文学作品である。《源氏物語》の〈絵合(えあわせ)〉巻では,《竹取物語》を〈物語のいでき初めの祖(おや)〉とのべているとおり、平安朝初期の、かなで書かれたわが国最初の文学作品である。伝統的な形態の中に創造的な契機をふくめて,貴族社会の俗悪性と人間的な愛情の美しさを巧みに描き出した物語で,たわいなく,おもしろく,美しく,深みのある文学作品である。

 

あらすじは次のとおりである。

 

昔,竹取の翁という者が竹の中から見つけ出して育てた3寸ばかりの小さな女の子は,3月ほどで輝くばかりの美女となった。その後,翁は黄金(こがね)の入った竹を見つけることが重なり,翁の家は豊かになった。

〈なよ竹のかぐや姫〉と名付けられた娘の,その美しさに求婚する者も多く,とくに熱心な5人の貴公子に姫はそれぞれ難題を課し,その解決を結婚の条件にしたが,結局,5人とも失敗する。最後には帝の求婚もしりぞけた姫は,十五夜の晩,迎えに来た天人たちとともに,みずからのくにである月の世界へと昇ってゆく。

そののち,姫に去られ傷心の帝は,姫が形見に置いて行った不死の薬ももはや不要だとして,それを天に最も近い駿河国の山で燃やすよう命じる。たくさんの士(つわもの)が命を受けて登り,薬を燃やしたので,その山を富士(不死と,多くの〈士〉に掛ける)と名づけ,その煙は今も山頂に立ちのぼっていると伝えられる。

 

 

以上のことは多くの人がおおむね知っていることである(詳しくはここをクリックして下さい!)。今私がここで皆さんにお知らせしたいことは、実は、かぐや姫の物語には実に驚くべき内容を含んでいるということだ。まあ、ゆっくりお聞きください!

 

かぐや姫に求婚する5人の貴公子は姫からそれぞれ難題を吹っかけられ、5人とも失敗するのだが、その中に中納言石上麿足(いしがみのまろたり)という人がいる。実在の人物である。壬申の乱のときに活躍している人で、何故この人がこの物語に出てくるのかは謎である。このこと事態今後の研究課題だが、今ここではそのことは問題にしない。中納言石上麿足(いしがみのまろたり)がかぐや姫から受ける難題のその中味である。「燕の巣にある子安貝というものをとってきてくれたら、結婚しましょう。」というのである。「燕の巣にある子安貝」というのが実は曲者で、どえらい内容を含んである。

 

まずは子供の絵本から、中納言石上麿足(いしがみのまろたり)がその「燕の巣にある子安貝」を取りに行って失敗する場面を見ていただきたい。問題の注目すべき名場面である。何が注目すべきかというと、この場面の絵を適切に描いた絵本というのがなかなか見つからない。まあ、私は探し回ったわけではないけれど、本屋に行くたびにこの場面を探し続けやっと見つけたという代物(しろもの)である。岩崎書店に「復刊・日本の名作絵本(2002年)」というのがあって、そこに私のイメージする名場面が描かれている。まずはそれを見てもらいたい。

 

 

 

 

5ばんめの いそのかみちゅうなごんは、

「つばめの すのなかにある こやすがいを ください」

と、かぐやひめにいわれて けらいに つばめのすを みつけさせては、

こやすがいを さがさせましたが いくらまっても みつかりません。

とうとう しんぼうできなくなって じぶんで みきへのぼりましたが、

つばめのすのなかに こやすがいが あるとおもったのは、つばめのふんだったのです。

そのうえ、それをとるひょうしに、はしごをふみはずして、したへおち、

こしをくじいてしまいました。

こうして 5にんの くらいのたかいひとたちは、そろって かぐやひめを

およめさんにすることに しっぱいしました。

 

 

さて、みなさん、この絵の中にありますが、子安貝とは、女性の性器そのものではありませんか?

 

一体全体、燕がもった子安貝というのは何を意味しているのでしょう????

それでは、いよいよその謎に迫っていくことにしましょう。

 


次は「鳥の巣あさり」です。

ここをクリックして下さい!

 

Iwai-Kuniomi