廻船式目

かいせんしきもく

 

日本最古の海法。もともと一定の名称はなく,《廻船大法》《船法度》《船法》などと呼ばれていたが,近年はだいたいこの呼称に統一されるようになった。全31ヵ条からなるが,43ヵ条などのものもあり,これは後世の追加によると考えられる。末文に,鎌倉時代前期の1223年(貞応2)に摂津兵庫,土佐浦戸,摩坊津の3人の船主らが作成した船法に北条氏が袖判を加えたと記してあり,鎌倉幕府公認のものとしている。しかしこれは本書を権威づけるための後世の仮託であって,実際の成立年代はこれよりはるかに下った室町末期と考えられる。古くから船仲間の間に通用していた,地方ごとに異なったさまざまな慣行が,海運の発展に伴ってしだいに広範な地域にまたがる統一的な慣行にまで成長し,さらにそれが成文化したものが《廻船式目》であったといえる。

 その内容は多様で,借船に関する規定,積荷の損害補償のあり方,船舶どうしの衝突における責任の決め方,はね荷と共同海損に関する規定,漂着船の処理方法など,いずれも具体的でかなり進んだ規定である。これによって当時の日本の海運界が相当高度の発達段階にあったことがうかがわれ,これと同水準の海法は,ヨーロッパにおいても15世紀以後の商業の隆盛を背景にしてイタリアのベネチアに初めて現れる。

 《廻船式目》は中世のみならず近世に至るまで,法としての生命を持ち続ける。無主物としての漂着船は優先的に寺社に寄進するという,第1条の寄船規定などのように,多分に中世的で近世には継承されがたい条文もあるが,その他はおおむね近世社会にも妥当する。そのため近世に入っても,全国各地でこの式目が書写され,現在まで多数残存することとなった。        新城 常三

 

(c) 1998 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.

Iwai-Kuniomi