桓武天皇 

 

 第50代に数えられる天皇。在位781‐806年。光仁天皇を父とし,高野新笠を母として生まれ,名を山部(やまべ)王といった。

 

 父は天智天皇の孫,施基(しき)皇子の子で白壁(しらかべ)王といい,天武系皇統の世に官人として仕え,大納言に昇ったが,770年(宝亀1)称徳天皇が没したとき,62歳で皇位を継承した。光仁天皇には皇后井上(いかみ)内親王との子とする他戸(おさべ)親王があり,これが皇太子に立てられた。

 渡来人系の卑母から生まれた山部王は親王として中務縁となっていたが,772年井上皇后と他戸皇太子が位を追われ,非業の死をとげる事件が起こり,代わって山部親王が37歳で皇太子に立てられ,781年(天応1)即位した。

 

 ここに至るまでには,藤原氏の永手(ながて)・百川(ももかわ)らの策動があったとされる


 桓武朝は奈良時代後期のたびかさなる権力闘争や過度の崇仏などによる政治的混乱,および班田制の矛盾や国司の不正などによる社会不安に直面していたが,天皇は気力,体力ともにすぐれ,また壮年に至るまでの官人としての豊富な体験をもち,治世の間,左大臣を置くことなく,みずから強力に政治を指導し,独裁的権力を行使した。この点歴代天皇の中でも異色の存在である。

 在位の間における最大の事業は平城京からの遷都と蝦夷の征討である。 

 前者はまず784年(延暦3)6月長岡京造営工事をはじめ,11月遷都を行ったが,翌年この事業を推進していた藤原種継が暗殺され,しかも皇太弟早良(さわら)親王が連座して廃され,淡路国へ流される途中死ぬという事件によって,計画の進行がいちじるしく妨げられた。そこで天皇は793年山背国損野郡宇太村の地を選んで造営工事をはじめ,翌年11月これを〈平安京〉と名付け遷都した。その後も和気清麻呂らを中心に造営事業が続けられた。

 

 次に後者は,光仁朝末期の780年(宝亀11)陸奥国上治郡の大領伊治呰麻呂(いじのあざまろ)が反乱を起こして以来,大伴家持,紀古佐美(きのこさみ)らに率いられる征討軍は鎮定の功をあげることができず,ことに789年には蝦夷の将阿弖流為(あてるい)のために1000人余の死者を出して大敗するありさまであった。しかし天皇は渡来人系の坂上田村麻呂を抜禽して征夷大将軍とし,その巧妙な戦略によって801年(延暦20)奥地の胆沢地方まで平定できた。

 

 平安京の建設と蝦夷征討の後世に及ぼした影響は大きいが,両者に要した巨額の費用は財政を圧迫し,ひいては民生の窮乏を招き,さらに早良親王の怨霊の祟りによって皇后藤原乙牟漏(おとむろ)の死や皇太子安殿(あて)親王(のちの平城天皇)の病気が起こるなど,桓武朝後半には暗い社会情勢がつのった。そこで天皇は800年早良親王に崇道天皇の号を贈り,井上内親王をも皇后位に復するなど怨霊の慰撫につとめ,また805年参議藤原緒嗣の意見を用いて造都,征夷の両事業を停止した。

 

 桓武天皇は渡来人の血をひくため中国文化に心酔し,また鷹狩を愛し,後宮も盛大をきわめるなど,古代帝王的面目を発揮した。その子平城・嵯峨・淳和天皇がつづいて皇位を継承し,損原(かつらはら)親王の子孫は桓武平氏として栄えた。陵は柏原陵(京都市伏見区桃山町)。



桓武天皇の二大政策は、平安京の建設と東国経営であったが、まずは平安京の建設あっても東国経営であるので、桓武天皇はまず当初、中国の都造りに倣って平安京の建設に全力を注いだのである。桓武天皇は、道教というか道家の思想を若い頃からしっかり習得していたようである。


母親高野新笠が何らかの形で百済王一族と繋がっていて、百済王一族の聖地交野に若い頃から度々遊びに行き、親しく師事する人から、大陸文化を教わった。その中に、きっと道教なり道家の思想があったにちがいない。


まず桓武天皇が全力を上げて取り組んだのは、平安京の建設である。長岡京では何故思いもよらぬ不幸な出来事が次々と起こったのか? どうもそれは,風水でしか説明ができないのではないか。風水的に見てもっとも良い地域はないか? 山背(やましろ)は風水的に見てどうか? 陰陽師の出番である。山背の地こそ風水的に見て最高の地である。経済的な背景をもとに、実質的に山背への再遷都を勧めたのは秦氏であった。政治的な決定は、大納言藤原小黒麻呂(おぐろまろ)と左大弁紀古佐美(きのこさみ)が行なった。かくして、桓武天皇の強い意思が、思想的にも経済的にも、さらには政治的にも実力者に支持されて、平安京の建設という具体的なビッグプロジェクトとして実現されたのである。


平安京の建設の詳しい説明は次をご覧ください。


http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/heiankyou.pdf