平将門 ?‐940(天慶3)

たいらのまさかど

 

平安中期の武将。桓武平氏上総介平高望の孫。父は鎮守府将軍,良持あるいは良将と伝える。

《尊卑分脈脱漏》によると,母は犬養春枝の娘。その行動は《将門記》に詳しい。若いころ上洛し藤原忠平に仕えたが,931年(承平1)〈女論〉により伯父の下総介良兼と争う。この〈女論〉には諸説あるが,良兼の娘は将門の妻として将門と同居しているので,この婚姻にかかわるものと推察される。将門は下総北部鬼怒川水系沼沢地帯の豊田,猿島(さしま)地方を地盤としていたが,935年,常陸西部の筑波山麓地帯に勢力をはる常陸大掾源護と平真樹との争いにまきこまれ,護の女婿であった平国香,良正,良兼らおじたちと戦うことになる。

936年10月,源護の訴えにより京都に召喚,禁獄されるが,朱雀天皇元服の大赦による帰郷後,良兼らの軍に攻められて,のち一族間の紛争はいっそう激化した。939年(天慶2)春,武蔵国の権守興世王,介源経基と足立郡司判官代武蔵武芝との紛争の仲介に乗り出すが,これに失敗,経基に謀として訴えられた。この問題が解決されないうちに,同年11月に常陸の国衙を焼き払ったことから将門の行動は国家への反乱となり,将門は〈新皇〉と称して関東の分国化をめざす。しかし将門には独自の政治構想がなく,940年2月に藤原秀郷と国香の子平貞盛らに討たれ,梟首(きようしゆ)された。享年は《将門記》にはないが,後世の所伝には39歳とするものがある。

 将門は気に富んだ人物で,武芸によって身を立てようとしたつわものであったが,その領主としての性格をどうとらえるか,またその武力構成を中世の武士団との関連でどう位置づけるかには,多くの説がある。将門を私営田領主として中世の領主と区別する見解が強いが,その率いる伴類を農奴または農奴主として中世的性格を強調する説もある。また将門を鬼怒川はんらん原の開墾農場主とみる見解が強いが,最近ではその根拠地石井と鎌輪がともに兵部省の官牧を背後にもっていたことを重視し,官牧の牧司としてとらえ直そうとする見解が提出されている。

 新皇将門の関東支配は数ヵ月にすぎないが,中央派遣の受領を放逐したその行為は,とくに関東の民衆に大きな影響を与え,将門を英雄として仰ごうとする気分は年とともに強まった。

10世紀末には将門の死後霊験譚が形成されはじめ,しだいに子孫説話も整えられて,12世紀に成立する《今昔物語集》では壬生良門,地蔵小院蔵念,如蔵尼などがその子孫とされている。中世には千葉氏とその一流の相馬氏には,将門の後継者とする説話が作られるが,これには妙見信仰が深くかかわっている。近世の文芸作品には将門伝説に取材したものが多く,ここにも江戸庶民の将門びいきの感情が認められる。

将門をまつる社寺は関東一帯に分布しており,その墳墓と伝えられるものも少なくない。

                                                                                                                                          福田 豊彦


[人物像の形成と展開]  将門は平貞盛,藤原秀郷の軍勢のため,石井営所の近くで討たれたが,《将門記》は,そのときにわかに神罰が下り,〈馬ハ風ノゴトク飛ブ歩ミヲ忘レ,人ハ梨老ガ術ヲ失ヒ〉,神鏑に射すくめられて死んだとしている。将門の死をこのように神異と結びつけてとらえようとする風潮は古く,たとえば《今昔物語集》には,山門の僧浄蔵が叡山の横川で将門調伏のため大威徳法を修したところ,灯明の上に武装した将門の姿があらわれ,人々が驚いて見上げると,流鏑の響きが東方を指して過ぎるのを聞いたとある。同様な調伏伝説や神異譚は,当時の史書や説話集に数多く伝えられているが,千葉県成田市の成田不動や栃木県足利市の鶏足寺などのように,関東地方の社寺の中には,これに類する伝えを今に残すところがかなりある。

 将門を中国の勇将李陵や養由になぞらえ,その武勇をたたえるという風は,《将門記》にもすでに見られたが,伝説の世界に登場する将門は,鋼鉄身で,つねに6人の影武者を従え,捕捉しがたい超人ぶりを発揮する。〈その有様殊に世の常ならず,身長(たけ)は七尺に余りて,五体は悉く鉄(くろがね)なり。左の御眼に瞳二つあり。将門に相も変らぬ人体同じく六人あり。されば何れを将門と見分けたる者は無かりけり〉。御伽草子《俵藤太物語》は,その超人ぶりをこのように描き出しているが,その不死身の巨人にも,ただ1ヵ所,こめかみだけが生身であるという弱点があり,愛妾の桔梗(ききよう)の前の裏切りによって,その秘密が敵方の俵藤太(藤原秀郷)に漏れ,あえなく討ちとられるという結末になっている。ギリシア神話のアキレウスや北欧のジークフリートと同じかたちの伝承だが,将門が影武者6人を従えていたというのは,北斗七星の信仰(妙見信仰)とのかかわりの中で,この伝説がはぐくまれてきたことを示唆している。

 《将門記》は,その文末に,造悪の報いで地獄におちた将門が冥界から消息を寄せて,生存する妻子や兄弟に地獄の責め苦を訴えたという,興味深い説を載せているが,《太平記》や古活字本《平治物語》には,都で梟首された将門の首が瞑目せず,歯がみして復仇を誓ったという話が伝えられている。非業の死をとげた人々の怨恨が,怨霊となって世を悩ますという考えは,いわゆる御霊神としてこれを神にまつり,鎮魂慰撫する風習を生んだが,東京神田の神田神社,西多摩郡奥多摩町鳩の巣の将門神社,城県岩井市の国王神社,千葉県佐倉市の将門明神,福島県相馬市の相馬神社など,関東から東北にかけての各地には,将門をまつる御霊社が広く分布している。

 先にあげた《俵藤太物語》もその一例だが,近世に入ると,将門にゆかりの深い東国が政治・文化の中心となったことから,将門への関心はいっそう深まり,将門伝説に題材をとった多くの文芸作品がつくられた。浄瑠璃《関八州馬(つなぎうま)》(近松門左衛門作),読本《善知鳥安方(うとうやすかた)忠義伝》(山東京伝作)は,その代表的なものである。                    梶原 正昭

 

(c) 1998 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.

Iwai-Kuniomi