中央薬師・勝常寺

 

 

 中央薬師とは、勝常寺のことである。会津盆地のほぼ真ん中に位置しているのでそう呼ばれている。会津若松は会津盆地の南東の山際にあるので、中央 薬師は会津若松から見て北東にある。そういう位置関係である。

 なお、会津盆地の地理を大雑把に言えば、阿賀野川は、中央薬師のすぐ西側を流れ、やや北のところで猪苗代湖から流れ出る日橋川を合流するのだが、 その二つの川が形づくる逆Y字が会津盆地の南半分を斜めに流れている格好になる。喜多方は会津盆地の北端にあり、阿賀野川とはかなり離れている。喜多方付 近では、いくつかの河川が南流してやがて阿賀野川に合流する格好だ。湯川村は逆Y字のへその部分にあるが、さらに中央薬師は湯川村の西端、阿賀野川の畔に ある。湯川村からみれば、すなわち中央薬師から見れば、会津坂下は川向こうである。会津若松に降った雨はすべて湯川村に流れ、やがて阿賀野川に出る。中央 薬師から見て、大雑把には、北側に喜多方、南側に若松、西側に板下があるが、それぞれ水系が異なるのである。中央薬師から見て、若松は同じ水系のこちら側 にあるが、喜多方は北の川向こうであり、板下は西の川向こうにある。

 このように、勝常寺は会津盆地のほぼ真ん中にあるので、中央薬師と呼ばれているのである。街道から離れた、まあいえば田んぼの真ん中みたい な・・・誠に不便なところにあるのだが、何故、勝常寺はそんな不便なところにできたのか。

 実は、徳一は、何故会津に来たのかが学問的にどうもはっきりしていなく、高橋富雄などは誠にとんちんかんなことを言っている。徳一は、最初から会 津を目指してきたのではない。もちろん最後まで会津に居る気もないのである。徳一は法相宗を代表する僧侶であって、日本全体がその視野に入っている。わが 国のゆくすえを考えれば、やはり徳一の活躍の場所は、今や列島経営のフロンティア「鎌倉」を視野に入れなければならないのではないか。すなわち、徳一の最 終的な活躍の場所は、鎌倉をはさんだ聖地、大山と筑波山でなければならない。

 徳一を考える場合、そこはしっかり踏まえておかないといけないと思う。そういう認識があれば、何故、勝常寺はそんな不便なところにできたのか、そ の謎がいとも簡単に解けると思う。

 普通大事な寺は、山際とか川の畔とか、或いは山の上につくるのではないか。田んぼの真ん中みたいなところに大事な寺院は大概はつくらない。では、 何故勝常寺はそんな田んぼの真ん中みたいなところにつくったのか。藤原氏の意向なのである。藤原氏の荘園が会津盆地であって、その荘園の開発が進みつつあ り、その開発の支柱として勝常寺はつくらたのである。

 会津盆地の人びとの精神的な拠り所だけではなく、医療介護施設であり、土木事務所でもあったのである。梅原猛は私に「あなたたち土木屋は行基にな れ!」といったが、行基や空海は、人びとの医療介護だけでなく、道をつくり、井戸を掘り、ため池をつくるなど、土木的な仕事も数多くやったのである。徳一 が行基や空海に劣っているとはおおよそ考えられないのである。勝常寺がそういう総合施設であったとしたら、それはやはり会津盆地の真ん中でなければなるま い。

 

 常勝寺へは、会津若松の駅前から板下行きのバスに乗って、佐野で降りる。佐野から田んぼの中を歩いていくのだ。

 佐野は国道・越後街道沿いにあるが、近くを阿賀野川が流れているので、国道沿いに集落の様子を見な がら阿賀野川へと歩いていく。この辺もずいぶんと立派な農家が多い。

 私などは浮き草みたいなもので、今まであっちへ行ったりこっちへ来たりしながら、全国を股にかけ、というほどのこともないが、転勤で、まあいろん なところに住んだ。ようやく秩父に骨を埋めようと心に決めたが、果たして女房は一緒に来てくれるのだろうか。農家の人は、土地とともに生きているため、代 々そこに住んでいる。したがって、私たちとは違って、家を大事にするのだろう。家の立派さに関心をしながら国道を阿賀野川に向かって歩いていく。国道は佐 野では北上しているが、次第に左に曲がって阿賀野川では西向きに橋を渡る。阿賀野川も北流しているからだ。

 

 

 

 阿賀野川にたどり着く。手前の橋詰めがちょっとしたポケットパークになっていて、国道沿い に「カワセミとサケのポール」が立っている。変に懐かしい。こういう手作りがやはり人の心を打つのだろう。商品としての「物」もさることながら、心のこ もったこういう「モノ」をつくらなければならない。そんなことを思いながら阿賀野川を見る。

 

 

 

 

 さすがに大河だ。この川が暴れたら、会津平野はひとたまりもない。治水工事の進んだ現代でも決して安全とは言い切れない。昔はどれほど水害に地域 の人びとは悩んだことか。今通ってきた佐野の集落はそれほど顕著ではないが、自然堤防というか微高地になっている。だから佐野にはお城というか館があった のだろう。勝常寺は佐野の館の支配下にあったのかとも思いながら、阿賀野川橋詰めの公園を後にして、田んぼの中を勝常寺に向かう。本当に・・・勝常時は辺 鄙な(へんぴな)ところにあるもんだ。

 

 

 

 

 やがて勝常の集落に入っていくが、この辺もまた実に立派な農家が数多く見られる。こういう 農家はやはり国の財産でもあるので、何とか守っていかなければなるまい。自由貿易協定(FTA)がわが国の緊急課題になっているが、それも当然積極的にや りながらどうして農家を守っていくのか。そこがもっとも難しい政治課題である。そんなことを考えながら歩いていると、はや勝常寺に着いた。

 

 

 

 勝常寺は、今は冬で観光客も来ないので、宝物館や本堂は閉め切っている。残念だが仕方がない。しかし、境内の様子や周辺の様子を見ていれば想いはつのるのであって、やはり現地に来た甲斐はある。勝常寺の薬 師如来は、全国三大薬師如来に数えられるほどに立派なものであって、会津の人はもちろんのこと、外国人も含めていろんな人に見てもらいたいものだ。だとす れば、オフシーズンも宝物館は開館できないものか。もちろん、地元では経済的に到底無理であるので、国で・・・・ということだが。

 

薬師如来座像

 

 

月光菩薩と日光菩薩の立像] [宝物館の中の様子

 

 

目次に戻る!