入唐求法巡礼行記

にっとうぐほうじゅんれいこうき

 

平安時代の僧円仁(慈覚大師)らが入唐して中国各地を巡礼した旅行記。 

 

円仁斤。4巻。838(承和5)に博多を出発して揚州に向かってから847年に帰国するまでの10年間に経験した見聞を克明につづった日記体の旅行記。 

 

玄奘(げんじよう)の《大唐西域記》,マルコ・ポーロの《東方見聞録》とともに,東アジアの三大旅行記といわれる。 

 

山西の五台山に巡礼し,長安に滞在して〈会昌の廃仏〉(三武一宗の法難)にあい,帰国するまで,記録魔ともいうべき几帳面さで公文書を写しとったりしているので,円仁自身の求法経験と唐代の仏教事情のみならず,日唐関係とりわけ遣唐使の具体相を知るためにも,また当時の沿海新羅人,唐の地理・交通・経済・社会・習俗から末端の行政組織について研究する場合にも,根本史料として重要である。本書は円珍の《行歴抄》や成尋の《参天台五台山記》の先駆をなし,いずれも《遊方伝叢書》に収められている。 

 

先に述べたように、元駐日大使ライシャワーは本書の英訳と研究によって博士号を取得した。



円仁は、承和2年(836年)、1回目の渡航失敗、翌承和3年(837年)、2回目の渡航を試みたが失敗した。承和5年(838年)6月13日、博多津を出港。『入唐求法巡礼行記』をこの日から記し始める。


以下に、『入唐求法巡礼行記』の具体な中身を紹介しておこう。



遣唐使の渡海の困難

志賀島から揚州東梁豊村まで8日間で無事渡海する(しかし「四つの船」のうち1艘は遭難している)。円仁の乗った船は助かったものの、船のコントロールが利かず渚に乗り上げてしまい、円仁は潮で濡れ、船は全壊するという形での上陸だった(『行記』838年(開成4年)72日条)。 

上陸日である唐の開成472日は日本の承和572日と日付が一致していた。唐と日本で同じ暦を使っているのだから当然ではあるが、異国でも日付が全く同じであることに改めて感動している(『行記』838年(開成4年)72日条)。 


天台山を目指すも規制と実力滞在

最後の遣唐使として唐に留学するが、短期間の請益僧(学業を修めた僧が、その業を深め疑問を解決するための短期留学僧)であったため目指す天台山へは、規制が厳しくなり旅行許可が下りず、そのまま帰国せねばならない事態に陥った。唐への留住を唐皇帝に何度も願い出るが認められない。そこで円仁は遣唐使一行と離れて、外国人僧の滞在には唐皇帝の勅許が必要だったが、危険を冒して、不法在唐を決意する[1]。天台山にいた最澄の姿を童子(子供)の時に見ていたという若い天台僧の敬文が、天台山から日本から高僧が揚州に来ているという情報を得て、懐かしく思って、はるばる円仁を訪ねてきた。唐滞在中の円仁の世話を何かと見てくれるようになる。海州東海県で遣唐大使一行から離れ、一夜を過ごすも村人たちに不審な僧だと警戒される。中国語が通じず、「自分は新羅僧だ」と主張しているが新羅の言葉でもなく、怪しい僧だと、役所に突き出されてしまう。再び遣唐大使一行のところに連れ戻される(『行記』839年(開成4年)410日条)。 


在唐新羅人社会の助け

当時、中国の山東半島沿岸一帯は張宝高をはじめとする多くの新羅人海商が活躍していたが、山東半島の新羅人の港町・赤山浦の在唐新羅人社会の助けを借りて唐残留に成功(不法在留者でありながら通行許可証を得る等)する。遣唐使一行から離れ、寄寓していた張宝高 設立の赤山法華院で聖林という新羅僧から天台山の代わりに五台山を紹介され、天台山はあきらめたが五台山という新たな目標を見出す。春を待って五台山までの約1270キロメートルを歩く。唐内では多くは一日約40kmを徒歩で移動していた(『行記』840年(開成5年)219日~428日の58日間)。 


五台山巡礼

840年、五台山を巡礼する。標高3000mを超す最高峰の北台叶斗峰にも登山する(47歳)。五台山では、長老の志遠から「遠い国からよく来てくれた」と温かく迎えられる(『行記』840(開成5)428日条)。五台山を訪れた2人目の日本人だという(1人目は、最澄とともに入唐し、帰国せず五台山で客死した霊仙三蔵)。法華経密教の整合性に関する未解決の問題「未決三十条」の解答を得、日本にまだ伝来していなかった五台山所蔵の仏典37巻を書写する。また、南台の霧深い山中で「聖燈」(ブロッケン現象か。)『行記』840522日条、621日条、72日条)などの奇瑞を多数目撃し、文殊菩薩の示現に違いないと信仰を新たにする。 


長安への求法

当時世界最大の都市にして最先端の文化の発信地でもあった長安へ行くことを決意し、五台山から約1100 を徒歩旅行する(53日間)。その際、大興善寺元政和尚から灌頂を受け、金剛界大法を授き、青竜寺の義真からも灌頂を受け、胎蔵界・盧遮那経大法と蘇悉地大法を授く。また、金剛界曼荼羅を長安の絵師・王恵に代価6千文で描かせる。 

台密にまだなかった念願の金剛界曼荼羅を得たこの晩、今は亡き最澄が夢に現れ、曼荼羅を手に取りながら涙ながらに大変喜んでくれたという。円仁は師の最澄を拝しようとしたが、最澄はそれを制して逆に弟子の円仁を深く拝したという(『行記』8401029日条)。描かせていた曼荼羅が完成する(『行記』840年(開成5年)1222日条)。 

しばらくして、唐朝に帰国を百余度も願い出るが拒否される(会昌元年87日が最初)が、その間入唐以来5年間余りを共に過して来た愛弟子・惟暁を失う(『行記』843年 (会昌3)725日条。享年32)。また、サンスクリット語を学び、仏典を多数書写した。長安を去る時には423部・合計559巻を持っていた。そして、842年(会昌2年)10月、会昌の廃仏に遭い、外国人僧の国外追放という予期せぬ形で、帰国が叶った(会昌52月)。 


帰国の旅の苦難

当時の長安の情勢は、唐の衰退も相まって騒然としていた。治安も悪化、不審火も相次いでいた。その長安の街を夜半に発ったが(曼荼羅や膨大な経巻を無事に持ち帰るため)、夜にもかかわらず多くの長安住人の送別を受けた。送別人の多くは、唐高官の仏教徒李元佐のほか、僧侶及び円仁の長安暮らしを支えた長安在留の新羅人たちが主であった。情け として絹12丈(30m余)を贈ってくれた新羅人もいた(845年(会昌5)515日)。歩くこと107日間、山東半島の新羅人の町・赤山まで歩いて戻った。 

この際、新羅人の唐役人にして張宝高の部下の将・張詠が円仁のために唐政府の公金で帰国船を建造してくれたが、密告に遭い、この船では帰れなくなる。 

「円仁が無事生きている」という情報は日本に伝わっていたらしく、比叡山から弟子の性海が円仁を迎えに唐にやってきて、師と再会を遂げる。楚州の新羅人約語(通訳のこと)劉慎言に帰国の便船探しを頼み(彼は新羅語・唐語・日本語を操れるトライリンガルであった)、彼の見つけた新羅商人金珍の貿易船に便乗して帰国する。円仁は劉慎言に砂金弐両と大坂腰帯 を贈っている。朝鮮半島沿岸を進みながらの90日間の船旅であった。新羅船は小型だが高速で堅牢であることに驚いている。博多津に到着し、鴻臚館に入った(『行記』承和14年(847年)919日条)。日本政府は円仁を無事連れ帰ってきた金珍ら新羅商人に十分に報酬を報いるように太政官符を発し、ここで96ヶ月に及んだ日記『入唐求法巡礼行記』(全4巻)の記述を終えている(『行記』承和14年(847年)1214日条)。54歳。