大山阿夫利神社

 

 

大山阿夫利神社の主祭神は、

オオヤマズミの神、タカオガミの神、オオイカヅチの神。

しかし、大山阿夫利神社は、そういった神々もさることながら、

やはり大山という山と一体で受け止めないとならないものと思う。

 

大山は、またの名を阿夫利山という。

阿夫利の名は、常に雲や霧を生じ雨を降らすので、この名が起こったと言われる。雨降り山である。

標高は1251メートルで、関東平野に望んで突出している雄大な山容は、丹沢山塊東端の独立峰となっている。

 

阿夫利神社は、

古代からこの辺りに住む人たちの心の拠り所となり、

国を護る神の山として崇められてきた。

すなわち、この地方のクニミタケである。

 

山野の幸を司る水の神、山の神として、

また海上からは羅針盤をつとめる海の護り神、

さらには大漁の神として信仰をあつめるとともに、

庶民信仰の中心として今日に及んでいる。

 

山頂からは

祭りに使ったと考えられる縄文時代(紀元前約1000年頃)の土器片が多く出土していて、

信仰の古さを物語っている。

 


大山阿夫利神社については、武家社会源流の旅の中で、おいおい詳しく触れていきたいと思っているが、とりあえずのところ要点だけを述べておきたい。

@ 仏教が伝来すると、神仏習合の山となり、阿夫利神社は、延喜式内社として国幣の社となった。

A 武家が政治をとるようになると、代々の将軍たちは、開運の神として武運の長久を祈った。

B 引き目祭、筒粥祭、雨ごい、納め太刀、節分祭り、山開きなど、古い信仰と伝統に護られた神事や神に捧げられる神楽舞い、神事能、狂言などが昔のままに伝承されている。歳事記はここをクリックして下さい。

C 全山が四季折々美しい緑や紅葉におおわれ、神の山にふさわしい風情で、山頂からの眺望も素晴らしい。都市に近いため多くの人たちに親しまれ、常に参詣する人たちの姿が絶えない。

D コノヤナサクヤヒメの神は阿夫利神社の主祭神オオヤマズミの神の娘で皇孫ニニギノミコトのお后になられた神で、富士山・浅間神社の主祭神としてお祭されている。すなわち、大山と富士山は、親子の関係という神縁で深く堅く結ばれている。そのご神威は、広大無辺にあまねく光被している。 


大山阿夫利神社の本殿までは、小田急伊勢原からバスとケーブルで比較的容易ににいける。

奥の院のある大山(雨降り山)まではちょっとした登山となるので、それなりの覚悟がいるが、

阿夫利神社までは容易であるので、是非、一度はお出かけ下さい。

 

ケーブルをおりたところは既に眺望がすばらしいし、

・・・・階段を登れば本殿もすぐそこだ。

ゆっくり写真を撮るなり、境内をゆっくり散策して欲しい。

本殿の奥には地下水が湧き出ていて、そこはもう神秘なおもむきがある。

奥の院に登らなくてもそれを見るだけでもう大山の何たるかが実感できるだろう。

 

大山天狗の石碑や江戸時代に奉納されたものがいろいろあって実に面白い。

江戸火消しはめぐみの奉納もある。

 

 


それでは奥の院に登りますか。

登ろう!登ろう!

 

登山をしない人は大山寺へ!