山王神道 さんのうしんとう

 

 山王とは近江の日吉(ひよし)大社のこと。

大宮(大比叡,本地釈梼如来),二宮(小比叡,本地薬師如来)を山王両明神,聖真子(本地阿弥陀如来)を加えて山王三所または三聖といい,さらに八王子(本地千手観音),客人(本地十一面観音),十禅師(本地地蔵菩醍),三宮(本地普賢菩醍)を加えて上七社となし,さらに本地垂迹(ほんじすいじやく)説によってしだいに数を増し中七社,下七社を加えて〈山王二十一社〉と称した。山王の号は《二十二社蔦式》に〈山王号之事,第五十二代嵯峨天皇弘仁十年,始崇敬之〉と見える。

 元来日吉(比叡)の大神は大山咋(おおやまくい)神が比叡山に鎮祀されたものであるが,延暦年中(782‐806)僧最澄がこの地に延暦寺を創建するに及び別に大三輪神を山上にまつり大比叡神と称し,大山咋神は山下に移された。しかし大山咋神は元来比叡山の地主神(じぬしがみ)であったので天台宗徒は宗派の守護神と仰ぎ,唐の天台山の守神たる地主山王に擬し,この神を山王と称し天台神道の主神とした。

 山王神道の中心思想は山王の2字を天台宗の三諦円融観をもって説明するもので,三諦とは仮諦・空諦・中諦を指す。仮諦とは万法妙有,空諦とは諸法真空,中諦とは諸法実相非有非空を指し,円融観からすれば三諦は一つである(三諦即一)と説かれる。山王神道ではこれを山王2字に転用して,山の竪(たて)三画は三諦,横一画は即一をあらわし,王字では横三画は三諦,竪一画は即一をあらわす。山王の2字はともに三画にして一画の象で三諦即一を示すとする。これは一心三観,一念三千の天台教義を山王明神が託宣したものであると《三宝輔行記》に記され,《元亨釈書》《山家要略記》にも同じことが書かれている。

 

 以上が延暦寺を中心に発達した山王神道の概略であるが,この山王神道は智証大師円珍とその門流の僧徒の手によって発展充実し《山家要略記》《三宝住持集》などの伝書が作成された。

 山王一実神道とは天台宗の〈三諦即一〉または〈円頓一実戒〉にもとづいて形成された神道思想で,〈山王〉と〈一実〉の語を結合させ江戸時代の初期南光坊天海(慈眼大師)によって提唱された。比叡山延暦寺が平安京鎮護の国家寺院として建立されたのに対し,天海は徳川幕府鎮護の寛永寺を江戸に建立し,幕府の開祖徳川家康の妓所日光妓をも天台神道によって建立,関東天台宗の基礎を固めた。この関東天台宗の神道が山王一実神道である。⇒山王信仰         平 重道

 

(c) 1998 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.

 

 

Iwai-Kuniomi