慰霊碑を参拝する!

 

 

 慰霊碑は、岬の病院の敷地内にある。病院を通り抜けたところが慰霊碑のある広場である。ディエゴスアレス湾が一望に見える・・・実に景色のいいところだ。

 

 献花の儀式がマダガスカル海軍の協力を得ておごそかに執り行われた。儀仗兵の閲兵ののち軍楽隊によりマダガス国歌と君が代が吹奏された。すべて日本大使館の手配のお陰である。日本大使館ならびにマダガスカル海軍や病院等関係者に心から感謝申し上げる。本当にありがとうございました。そして、泣き勇士のみなさんの御冥福を心からお祈りする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、参拝の式典が終わり、三々五々

やや緊張した面持ちで慰霊碑を拝見した。

 

 

マダガスカルと日本の友好親善を心から願いながら、

ここに、マダガスカル海軍に深甚なる敬意を表する次第です。

 

 

慰霊碑参拝のあと、病院の方に御礼を申し上げ、

少し、病院内を見学させてもらった。

病院の施設は古く、

日本の経済協力で何とか施設の更新ができないものであろうか、

そんなことを感じながら案内の方の話を拝聴した次第である。

 

日本の特殊潜航艇の魚雷攻撃により戦死したイギリス兵の墓地が市内にある。

そこを参拝させてもらった。

戦争は憎むべきだが、国や人を憎んではならない。

戦争という行為を憎み、人を憎んではならないのである。

 

 


さあ、それでは、ディエゴスアレスの市内をちょっとだけ見て回ろうか。

見て回ろう!見て回ろう!

 

 

Iwai-Kuniomi