行表と志賀漢人(しがのあやひと)との関係

 

 

志賀漢人(しがのあやひと)は新羅系の一族である。

 

三室戸寺は光仁天皇の勅願により行表が建立した。

その三室戸寺に小さいながらも新羅神社があるのである。

 

 

 

三室戸寺は三井寺の流れを汲む。

最澄が延暦寺を作り上げてまもなくの・・・11世紀には三井寺の末寺になり、

その流れを汲んで・・・、

現在は天台宗寺門派に属す。三井寺と密接不可分の関係にある。

 

その三井寺に境内には、見るからに立派な新羅神社がある。

新羅(しんら)三郎もそこで元服したという・・まさに志賀漢人(しがのあやひと)の聖地である。

 

三室戸寺を行表が建立する時、

志賀漢人(しがのあやひと)が積極的にこれを支援したに違いない。

だから小さいながらも三室戸寺に新羅神社があるのであろう。

 

行表と志賀漢人(しがのあやひと)との間には密接な関係があったに違いない。

 

 

 鎌倉は、東北経営の中心地であり、関東平野を支配する政治の中心でもあった。鎌倉時代以前の事である。新羅三郎(しんらさぶろう)の活躍があっての事である。このことから東北経営に志賀漢人(しがのあやひと)のネットワークが大いに役立ったのではないかと思われる。

 また、大仏の建立にあたって良弁が関東において活躍するが、それには鎌倉は由比の長者の援助があったのでなかろうか。染屋太郎太夫時忠という謎の人物がいる。染屋太郎太夫時忠は、藤原鎌足の玄孫に当たり、南都東大寺良弁(ろうべん)僧正の父にして、 永く鎌倉に居住。 東8カ国の総追捕使となり、東夷を鎮めた。そして、由比の長者とも呼ばれていた・・・というのである。染屋太郎太夫時忠が良弁の父親であるがどうかは別として、染屋太郎太夫時忠が良弁を援助したらしいことは間違いないのではないか。私はそう思う。良弁は百済系ではあるが渡来人の一族といわれている。したがって、大仏の建立にあたって同じ渡来人である志賀漢人(しがのあやひと)のネットワークが大いに役立ったのではないかと思われる。

 

 なお、良弁が、大仏建立のために資材集積の拠点としたのが、志賀は・・・・瀬田川河畔の石山寺である。その石山寺で紫式部は源氏物語を執筆した。もちろん全編を執筆したということではないが、一部分にしろ源氏物語を執筆したということはまったくの偶然であろうか。

 紫式部の邸宅跡が廬山寺(ろざんじ)である。元三大師(がんざんだいし)の建立になる。横川(よかわ)の僧都こと源信は紫式部の精神的支柱であった。比叡山延暦寺は紫式部にとって憧れの地であり、その聖地が志賀の国分寺である。石山寺とはほぼ一体の寺と考えてよい。そのようなことで・・・・、おそらく紫式部の意識としては、石山寺は憧れの聖なる寺であったのではないか。石山寺で源氏物語の完成を願って不思議はない。多分紫式部はそのような想いからいっとき石山寺に籠ったのであろう。

 そのとき宇治十帖の構想が浮かんだのではないか。私はそう考えている。瀬田の流れはすぐに宇治となる。宇治には尊敬する源信ゆかりの恵心院がある。しかも、宇治は王朝貴族の別業の地。スポンサー藤原道長の別荘(平等院)もある。さらには、極楽浄土・平等院とは対極の・・・地獄の象徴・三室戸寺もある。天国と地獄をテーマとする物語の最終編を飾るにこれほどうってつけの場所はないのではなかろうか。石山と宇治というところは、紫式部にとって特別の場所。行表と志賀漢人(しがのあやひと)との結びつきが紫式部をしてあの源氏物語を書かしめたのかも知れない。

 

 

 ちなみに、円仁(慈覚大師)の入唐にあたって新羅の商人の力添えがあったことはつとに有名であるが、当時は、新羅の航海術が群を抜いて優秀であったらしい。したがって、当時、東国との交易で志賀漢人(しがのあやひと)が活躍したであろうことは想像にかたくない。

 

 以上、歴代朝廷の東北経営において、或いは大仏建立の建立において、志賀漢人(しがのあやひと)のネットワークが大いに役立ったのではないかと思われるのである。

新羅についてはここをクリックして下さい!

 

 

Iwai-Kuniomi