小野篁 802‐852(延暦21‐仁寿2)

おののたかむら

 

 

平安時代の漢詩人,歌人。野宰相,野相公などと称される。

 

岑守(みねもり)の子。岑守は《内裏式》《凌雲集》などの者として高名だが,その子篁は若年のころ弓馬に熱中して学問を顧みなかったため嵯峨天皇を嘆かせた。これによって一念発起した篁は学業に精励し,822年(弘仁13)文章生の試験に及第し,以後巡察弾正,弾正少忠,大内記,蔵人,式部少丞,大宰少弐等を歴任,833年右大臣清原夏野らとともに述した《令義解(りようのぎげ)》の序文を書いた。

同年東宮学士,弾正少弼となり,834年遣唐副使に任命されたが,翌々年進発した遣唐船は難破して渡航に失敗,さらに翌年の渡航も失敗した。

 

838年の3度目の渡唐に際して,篁は大使藤原常嗣の専横に抗議し,病と称して出航を拒み《西道謡(さいどうよう)》という詩を作って風刺したため嵯峨上皇の怒りに触れ,隠岐国に配流された。この道中に制作した《謫行吟(たつこうぎん)》七言十韻は時人を感動させたが,《西道謡》とともに今は伝存しない。《小倉百人一首》の〈わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと人にはつげよ海人の釣舟〉の歌はこの時の詠である。

 

840年京に召還され,翌年本位に復し,刑部大輔,陸奥守,東宮学士,蔵人頭,左中弁等を経て847年参議に昇進し弾正大弼を兼ねた。852年に左大弁となり同年病没した。

 

《文徳実録》の篁卒伝に〈当時文章天下無双〉と述べられ,《三代実録》に〈詩家ノ宗匠〉と称された篁には《野相公集》5巻が存在したというが現存せず,その作は《経国集》に2首,《扶桑集》に4首,《本朝文粋》に4編,《和漢朗詠集》に11首,《新朗詠集》に3首,《今鏡》《河海抄(かかいしよう)》にそれぞれ1首を伝えるにすぎない。和歌は《古今集》に6首入集。なお《新古今集》以下の6首は後人の作たる《篁物語》よりの入ゆえ篁の実作とは考えがたい。

 

篁は多情多感な博識の英才で自恃(じじ)するところ高く,直情径行,世俗に妥協せぬ反骨の士であり,野狂の異名がある。

 

その奇才に因由する数々の話柄が《江談抄》《俊頼口伝》《今昔物語集》《宇治拾遺物語》等に伝えられている。唐の白楽天と詩境を同じくする才幹であることを称揚する説話は篁を9世紀の漢風謳歌時代を代表する詩人として理想化する伝承だが,その他隠岐配流事件をめぐる和歌説話,篁を冥官とする蘇生説話などがある。なお異母妹との恋愛談や大臣の娘への求婚談から成る《篁物語》は虚構であり,その成立時期については,諸説があるが,平安中期から鎌倉初期までの間と推定される。             秋山 虔 

(c) 1998 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.

 

 

 

Iwai-Kuniomi