栂尾(とがのお)高山寺

 

あかあかやあかあかあかやあかあかや

あかあかあかやあかあかや月

 

これが明恵の世界であり、栂尾(とがのお)高山寺である。

 

栂尾(とがのお)高山寺は、文化財の宝庫であり、

鳥獣人物戯画をはじめとして、

国宝・重要文化財は一万点に及ぶと言われている。

「世界文化遺産」にも登録されているのであるが、

私は、そういったことよりも、

明恵の<あるべきようは>の聖地として、

まずは、<阿留辺畿夜宇和>の碑を紹介したい。

 

 

<阿留辺畿夜宇和>の碑明恵の御廟の 中にある。

 

バスを下りて少し高雄の方に戻ると表参道の入り口がある。

清滝川の清流に沿って周山街道が走っている。

今でこそ京の町からすぐだが、昔ははるか山の中といった所だ。

 

表参道に入ったすぐのところに石灯篭があり、

その立派なのに見とれているとついつい見落としてしまうが、

富岡鉄斎の筆になる「栂尾の碑」がある。

 

「栂尾の碑」を右手に見て参道を行く。

ほどなく本堂である。

静寂そのものだ。

明恵はこの付近のどこかで座禅を組んで修行に励んだのであろう。

想像を逞しくしながら本堂の空気に遊ぶ。

 

 

これはかの有名な「樹上座禅像」である。

見事なすわりっぷりである。

頭上に鳥が遊びりすが遊んでい る。

いや、この心境では、明恵が鳥であり、りすである。

もはや明恵も鳥もりすも

その区別はありはしないようだ。

 

「樹上座禅像」は石水院で拝見できる。

御廟から少し下ると・・・

我が国最初の茶園といわれる茶園があるが、

石水院がその向いにある。

 

明恵が暮らした庵である。

庵から見る東の山は実に美しい。

 

石水院での圧巻はいうまでもなくこの「樹上座禅像」だが、

もうひとつは明恵が常に連れていたという子犬である。

この子犬も見事である。