プラットホームを繋ぐ

6.バラバラでいっしょ・・・JUUU−NETの本質

 いわゆる生活圏について、日常生活圏、週末生活圏、月末生活圏、季末生活圏、年末生活圏というように、出かける頻度に応じてその範囲を考える考え方があるが、それと同様に、フォーラムの対象者の範囲についてもいろんな広がりで成立すると思われ、そういう点で、フォーラムというものは重層的に存在する。しかし、それらがバラバラでは「知恵の逓増現象を味方につける」ことはできないので、何か繋ぎの役をするものが必要である。それがJUUU−NETの本質であろう。「バラバラでいっしょ」・・・・、これは蓮如上人500回忌記念のポスターの言葉だが、けだし言い得て妙である。   

 是非、川づくり、地域づくりに関する「JUUU−NETフォーラム」というものを作りたいものだが、その際大事なことは、それを作り上げていくプロセスである。JUUU−NETの本質からしていわゆる「センター方式」は好ましくない。

 政治はもちろんのこと行政とか財界といったいわば既存の権力機構とは独立した、ボランティア団体とか個人を中心にした、しかも趣旨に賛同する団体や人たちは誰でも参加できるという「開放型の組織作り」でなければならないということだ 

 つまり、JUUU−NET設立のプロセス自体が、もう既に奉仕経済社会の構築に向けて走り出しているということであり、このことがJUUU−NETの将来に渡っての性格を決定づけるのである。・・・・・・三つ子の魂百まで・・ということだ。

プラットホームを繋ぐ

 ・奉仕経済

 ・奉仕経済への奉仕

 ・フォーラムと
    プラットホーム

 ・プラットホームの
    あるべき姿

 ・繋ぎのプラットホーム

 ・バラバラでいっしょ

 ・SOHO

 ・むすび

発起人募集

juuu-net homepage

juuu-net私の旅河童大明神地域づくりhome

Iwai-Kuniomi