河童に係わる古証文


 

 これはNiftyserveの「川とロマンのホームパーティー」で語られたログを収録したものです。




  1. 084 [94/07/02 04:16] KYB03341 無題 河童


     動画を見ながら音楽を聞く時、その動画が川の景色ならほとんどの音楽に合うのが不思議です。少々の歌詞があっても大丈夫。ずばり「海」などはだめですが 。川の良さの一つに「音」があるような気がします。川沿いに歩いている時ちょっとした壁になるようなもの(藪とか小屋とか)が、私と川の間にあると音が無くなります。逆に音を意識させられます。
     せせらぎ・瀬音・濁流の音・・・・もし川に音が無かったら・・・・・おかしいです。知らない町を歩いてみたい、いや、知らない町を歩いていても、もし「おや」と思う坂があったら、その先に川があります。
     河川工事をしている時は、水辺まで車で行けます。工事の車の道があるからです。下流の住民は、生活用水を管で海や川に捨てます。上流の 人達は、川にゴミなんかを捨てる様な生活をしています。
     名水の里とかいう看板の近くに、廃車になった車の山があったり、ごみ 捨て場があることが多いように感じます。
     きれいな川で魚を釣る人や、カヌーをやる人は、結構エゴイストです。
     あまり立ち入らないほうがいい場所に「川はきれいだ」とか「川を守ろう」とかいいながら、自分たちだけは、平気でどんどん進入し、またそれをエッセイなんかにして、自己満足しています。
    川を守ろうとするだけでなく、何か提言できるようになれればいいなと思います。
     このごろ、本屋に行くと、川とか水とか、題名についていると、すぐに買ってしまいます。ホームパーティのなかには、本の紹介があります。欲しくなってしまいます。
    本の中で、結構面白いもののなかに、法律があることを発見しました。
     多摩川の歴史が、結構河川法になっているのですね。
     ホームパーティの皆さん。もし、地球に川がなかったら、皆さんは何をしていますか。きっと、そう変わりなく生きていると思います。無くてもいいのですが、お蔭で皆さんにお会い出来たことに感謝します。




  2. 085 [94/07/04 00:21] PFA00120 川と音と風 みずすまし


     河童さん 無題の話、すばらしいです。インパクトを受けました。川の動画と音楽とがよく合うとのお話、大変示唆的です。次のような関係なのでしょうか。
     川とは水の流れである。
     水の流れを実感するためには時の流れに沿わなければならいない。
     そして音楽も同じように時の流れに沿わなければ実感できない。
     このように時の流れに沿って感覚を動員するという点で川と音楽がマッチするのでしょうか。
    川の音とは川の奏でる音楽そのものであると考えると、川の音が川の良さであるとおっしゃられたことが当を得たことであることがよく判りました。
     水辺の散歩で実感していることから追加させていただきますと、様々な匂いや暑さ寒さ、湿気などの多様な要素があります。これらの多様な要素と音は私にとっては風を通して感覚できます。そこで川の環境を水と風で捉えることもできるのではないかなどと考えています。川の良さは水の流れの良さと吹く風の良さであるなどと気取って話したてみたい・・・。たしかに、川に沿って吹く風もまた時の流れに沿って吹きます。
                         みずすまし




    088 [94/07/05 02:12] KYB03341 芦田川と中川美術館 河童


     7月2日と3日に福山市の中川美術館に行ってきました。美術館に行く途中に芦田川があります。見事に整備された川で、まさに人工が自然をつくり、自然が人工を完成させるのではないかと思われます。宮沢総理の出身地であり、岩さんの居た所ですね。芦田川の良さに道路と土手が同じレベルです。車で通りながら川を見れます。下流の川は、普通は土手で見れません。
     中川美術館はとんでもない美術館です。もし、中国に興味のある方は是非行って下さい。中国の若手の近代画・版画・水墨画の力に圧倒されます。
     2日の夜は、中川館長に中華料理を御馳走になり、自宅に招かれました。
     すばらしい絵と家具(王朝家具)と磁器に触れながら、中国という国の性格について、茶の心、秀吉と茶、正宗と利休、間について、まさに1000年の時を越えて尽きることがありませんでした。
     翌日、美術館で、まず鈞窯の磁器を見、墨絵、油絵、水墨画、版画80点を約2時間鑑賞し藤の木の下で昼食をとります。
     お話その1.田中角栄が日中国交樹立時に貰って帰った書の話題。漢詩の内容は、言ったことをきちんと実行して頂き、本当に誠実で・・・・実は、下の句が書かれていませんでした。その下の句は、そういう人を小人と言うそうです。
     お話その2.天高く馬こゆる秋.それは中国では淋しい秋、悲しい秋のことだそうです。
     お話その3.忙しい人は下級の意味があるそうです。ですから、お忙しい中ようこそおいで下さいまして・・・みたいな挨拶は、中国の人には使えません。

     お話その他沢山ありました。
     次が圧巻です。1000年前の茶器(宋の時代の青白磁)、明の時代の鈞窯の茶器、ルビーの茶器等での茶会です。座っているいす、テーブルは王朝のもの。1000年の気を体内に取り込んでしまいます。端渓の硯もいいですね。みずすましさんの言葉を借りれば、1000年前の風の音が聞こえます。

    PS・・・・・・みずすましさん。財団で見ました「川のある風景」という写真集がありますね。 風景....風の景色ですね。




    091 [94/07/07 23:53] KYB03341 大野川 河童
     大分県で一番長い川・大野川は、阿蘇の外輪山、久住山、祖母山を源流として、大分市を下流とする、やく60キロの一級河川です。肥後の国・細川の殿様の参勤交代道路に沿って流れており、豊後の国の中に数カ所の肥後の領地があります。


     別府湾にある港・鶴崎の町は、肥後藩の領土です。
     熊本県との県境にある町・竹田で私は育ちました.滝連太郎の出生地で、 岡城(臥牛城)という日本三堅山の一つがあります。湧き水とトンネルの多い町なので別名、蓮根の町とも言われます。前回の猛威を振るった19号台風で、川が氾濫し、大きな被害を受け、現在、河川の拡幅工事の最中で、今年は台風が来なければいいなと祈っています。
     氾濫の原因は、多量の杉の流木と、低い橋、山から流れる急流だそうです。
     ダムが出来るようですが、一つの対策だと思われます。私の住んでいたころは、水量も多く、イダ(ウグイ)、ハヤ、エノハ、マス、フナ、コイ、アブラメ、カマスカ、ウナギ等の魚が沢山いましたが、現在はどうなのかよくわかりませんので、近いうちに一度川遊びに行って来ようと考えています。
     弁当のおかずが前期魚のどれかだったことを思い出します。
     梅雨時、水を見に行くのが好きで、大野川を祖母の麓まで行くのが一番のコースです。


     原尻の滝、その近くにある連水車は、一つの風物詩です。今年の九州は雨がほとんど降らず、このままでいくと、水不足、断水になりそうで、大野川上りも出来そうにもありません。


    暑中お見舞い申し上げます。
          ホームパーティの皆様へ。 大分の河童より




    092 [94/07/08 06:42] PFA00120
    水辺の散歩道  4  みずすまし


    水辺の散歩道シリーズ 第一話 散歩通勤 その4


     枯れ木も山の賑わい・・・・川とロマンのホームパーティーの埋め草発言が続いています。


    3 生活スタイルとしての散歩通勤
     私にとって水辺の散歩通勤は大変好ましいものですが、最初に考えた「快適な環境を楽しむ散歩のような通勤」という認識から最近ではもう少し発展させて考えています。
     「ゆとりある生活」「ゆったりした生き方」などという言葉がよく聞かれます。これからの新しい時代の生活スタイルを示す言葉です。
     日本社会の成熟に伴って「ゆとりある生活」は当然だと思います。
     しかし、最近まで私は「ゆとりある生活」を社会現象として捉え、他人事として考えていましたが、自分の生活として、自分事としては考えてみませんでした。「ゆとりある生活」とは漠然としてでありますが、大金のいる生活と考えていたからです。
     しかし、歩きながらよく考えてみると、私の今行っている散歩通勤は「ゆとりある生活」であり、「ゆったりした生き方」なのではないか気付き、今まで自分の生活に抱いていたイメージが逆転してしまいました。
     毎日計一時間十分もかけて歩き、肉体的爽快感を味わい、勝田川と谷地の風景を観賞し、野鳥と交流し、知的発想をすること。これが「ゆとり」、「ゆったり」でないはずはないと直感したのです。
     「ゆとりある生活」イコール「高級リゾートでリッチな生活」といったイメージになじめなかった自分は、実は「ゆとりある生活」という言葉を利用したコマーシャリズムになじめなかっただけだということがわかりました。
     このように、散歩通勤をゆとりある生活の一部として捉えてみると、水辺の散歩通勤で得られた新しい生活感覚が、時代の流れに整合した新しい生活スタイルをつくっていく上で重要な役割をするかもしれないと考えるようになったのです。散歩通勤を個性ある生活スタイル確立の問題として考えるようになったのです。
     ありふれた水辺の環境が、実は、私のそして人々の生活スタイルの確立にまで影響している、あるいは影響する可能性がある。そう考えると水辺の新しい意味が見えてきたような気がしました。
       つづく




    096 [94/07/12 08:52] SGU01350 岩  河童さんこんにちわ


     大分の河童どん、こんにちわ。久しぶり。
     君が頑張り始めたようであるので、仲間と思うて、取って置きの身の上話をしておくばい。河川局長になったとき、親父から打ち明けられた私の身の上のもにも関連する信じられない無いような話だ。しかし、本当の話ですぞ。


     人間の遺伝子には二種類あって、普通の人間、つまり猿と基本的には同じ遺伝子を持った人間と少し神がかった人間、つまり神の遺伝子が少し混じった人間がいる。
     後者の場合、桃から生まれたり竹から生まれたりする場合もあるが、何か特別の事情によって、神から子供を授かり、その子供が大きくなって普通の人間と結婚、以来、子孫が繁栄している訳だ。
     河童大明神は、人間ではなく河童だが、一人素敵な人間の子供を授かったそうだ。


     昔昔、中国での話だ。河童大明神が、世のため人のため数々の良いことをした、そのご褒美に神様から一人の子供を授かった訳だ。その子供は、人間ではあるが、河童の子でもある。神様の計らいで、河童の遺伝子と神の遺伝子が少し混じった形で生まれた。
     だから、今では、河童大明神の子孫には河童と人間がいるのである。つまり、我々人間の中には、それほど多くはないが、河童大明神の子孫がいると言うことだ。


     大分の河童こと河野さんもその仲間かもしれない。芥川龍之介、火野葦平、清水崑などはそうらしい。めたらやったら河童が好きなんですからね。・・・・・
     ・・・実を言うと、・・・・私も、(正真正銘の人間ではあるが、)親父のびっくりする話しによれば、河童大明神の子孫なんだそうだ。
     親父曰く。「家には、人には見せてはならない家宝がある。いずれお前に譲るが、それを用い、オン、アビラウーンクハンと10回唱え、もし河童大明神に通ずれば、3日間だけ河童に戻れる。・・・・・・今は、河童も少なくなったが、水がまあまあきれいで豊富なところで、トロトロガンドウの有るところには、居ることは居る。
     最近はいろいろと困っているようなので、話を聞いてやって、助けてやって欲しい。


     お前と同じような人間、河童大明神の子孫もたくさん居るので、是非、力をあわせるように。」 そんな話だった。


     そして、親父は、こうも言ってた。
     「全国には、そういった河童大明神の子孫で、気の利いた連中が、河童連邦共和国という組織を作っている。」 
     そして、河童と仲よく暮らそうという市町村長の支援団体「河童のふるさと創り全国連絡協議会」というのも有るとのことだ。


     その辺の詳しい情報、親父から聞いた面白い話、トロトロガンドウについては、また機会をみて。・・・・・とっぴんぱらりのぷう。/E




    101 [94/07/12 19:57] SGU01350 岩さん  皆さんお久しぶり

     みなさんお久しぶりです。大分の河童へのメッセージを見て頂けたでしょうか?
     如何でしょうか?・・・
     河童大明神はれっきとした河童です。しかし、今では神の分身として、河童からも人間からも崇められているのです。分身ではあるが、水の神、川の神として。
     ところで、龍神もそう。
     こう言った水の神、川の神を崇めながら、いい川にして行かなければならない。・・・
     ・・・そんな考えもあって、九頭龍川のドラゴンプロジェクトというのが始まっております。これから、時々、水の神、川の神河童や龍について、語り合いたいと思いますが、そのイントロとして、とりあえず九頭竜川のドラゴンプロジェクトについて紹介しておきたいと思います。
     さて、まことに恐縮ですが、弥生さん、九頭龍川のドラゴンプロジェクトに関連して、皆さんに話してあげて下さいませんか。その件で福井に行ったとか、何でもいいですから・・・・・・・
    あとは、私が解説をします。




    103 [94/07/13 13:05] KGF03471 ドラゴンPのこと/弥生


     今日もよい天気・・・そろそろ雨が府って欲しいですね。
     私、雨降りってキライじゃないんですよね。
     何日も降り続いて洗濯物が乾かないと主婦として困るけど。


     岩さん・・・ドラゴン・プロジェクトの話ですか?
     うう?ん、出席した会議は二回ほどで、後はワープロ作業で目にした程度の知識しかないんですけど・・・・門前の小僧状態ということでお許しください。


     本格的にこのプロジェクトが起動し始めたのが今年の冬。まだ雪の降る2月の終わりに第1回の委員会がありました。
     このメンバー、主には福井県と川に関係ある学識経験者の方にお集まりいただいたのですが、ちょっとおもしろいのはその専門が広範囲なこと。それもそのはず、このプロジェクト、社会系・文化系・生態系・水系という多方面から「川」をとらえようとする企画だからなのです。
     先生方のディベートも各方面からの専門的な知識を九頭竜川と絡めて、なかなか白熱するものになりました。


     お話によると、九頭竜川という川、歴史的な話題も豊富な川のようです。また、経済的にもいろいろな役割を果たしてきた川とか。私は残念ながら、まだこの川を見ていないのですが、この流域に住む人々にとっては、生活に密着したいろいろな思いのある川なのではないでしょうか。


     話は変わりますが、生まれ育った町や村の川、今住んでいる町の川については、他の土地の人とはひときわ違った、それなりの知識や思いがあるように思います。
     私にとって「太田川」というと、母や父やもっと昔の祖先からずっとかかわってきた川ですから、「洪水で浸水した箪笥」だとか、「ひいおじいちゃんの架けた吊橋の話」とか、「川えびをとって瓶に入れていたら日光で赤くなってしまった」だとか思い付くままに書くときりがないほどの話がでてくるわけです。(そういえば、昨日の未明に「熊」がこの川を下って市内に出没したらしいですね。)


     ということで、今年の夏あたりに開催される予定の九頭竜川のシンポジウムでは九頭竜川の流域の人々を中心に、川のことを考えたり、話し合ったりする会にしようと、今、企画されている最中です。


     川のことについて話し合い、もっと川のことを知れば、自然のおもしろさ、偉大さについて、身近に感じられるようになるかもしれませんね。河童も顔を出してくれるようになるかも?
                           弥生




    105 [94/07/13 22:40] KYB03341 河童の初夢 大分の河童


    岩さん他皆様へ
     今朝起きて思わず頭を触ってみると、何と頭の中央に白磁の皿が付いているではありませんか。薄くて軽い淡い黄土色をしたものです。食いしん坊の私の皿は、昨晩つまみ食いした太宰府で買ってきた茶菓子のあんが残っています。
     みずすましさんの皿は端渓の硯に似ています。への河童さんのはボタンが沢山付いていてタイムカプセル用のスイッチがあります。弥生さんのは、ちょっと深めで、都忘れの花が生けてあります。おーい竜馬さんのは草が生えていてなんとも面白い皿です。
    岩さんの皿は、ブルーにグリーンを混ぜた色合いで、朱色の文様の入った鈞窯の皿で、底のほうには、ちょっぴり酒らしきものが残っています。
     きっと昨晩は養老の滝にでも行って来たのでしょう。二日酔いで呪文を唱えていますが、果してききめがあるのでしょうか。
     皆さん。最近、河童の皿を盗んで、お茶会を楽しんでいるへの河童さんの話に出て来そうなやつがいるそうです。気をつけましょう。




    107 [94/07/14 10:42] PFA00120 河童の遺伝子点検運動 みずすまし


     7月12日13日で合計12の発言! それぞれにコメントしたいのですがなかなか間に合いません。水源から流れ出した小さな流れが急流に出くわしたと言う感じです。


     岩さんの河童の血筋の告白がきっかけで河童談義がはじまりました。川とロマンのホームパーティー参加者諸氏にあられては、ご自身の遺伝子の中に河童の遺伝子が含まれているかどうか点検してみませう。
     私にあっても遺伝子の点検をします。点検方法は 1)親から真の血統 について聞きただす(ヒアリング) 2)自身の過去の行状で不審な点は ないか、特に神がかったことがないか(行動分析) 3)河童に対して親 しみを持っているか(心理分析) 4)他人から河童だといわれたことが あるか(風貌分析)などを採用し、遺伝子の存否を総合判断する予定 です。点検の結果は後程ご報告いたします。
     河童は単なる川のシンボルではなく、日本民族の神の系譜を引き、歴史的文化的伝統の中で育ち、人と自然の共生という抽象概念を姿、映像で示したアレゴリーであると思われます。岩さんの言葉に翻訳すると、自然・文化・コミュニケーションを水辺で姿、映像で示したものが河童であると言うことになるのではないでしょうか。ホタルやトンボやカワセミなどはどちらかというと水辺というフィジカルな環境のシンボルですが、河童は「川と人の生活との共生」と言う歴史的、文化的に培われてきた理念のシンボルなのではないでしょうか。
     河童の話し、河童文化史、河童の出没する川・・・・など河童をり口にして水辺の楽しさ、水辺のあり方などについて議論してみるのも面白いと思います。河童族の一員の告白をしつつある岩さん、縄文時代からのヘノカッパさん、大分の河童さん、弥生さん、つくしんぼさんはじめ皆さんいかがですか。河童づくしのホームパーティーも面白いかもしれません。アーチェリー、台風、龍などについてはあらためて話します。 水辺の散歩道シリーズもあらためて。 大分の河童さん、名簿も追って掲載します。                        みずすまし

 

河童に係わる古証文

 No.01〜10
 No.11〜20
 No.21〜30
 No.31〜40
 No.41〜48

河童のつぶやき

 No.01〜10
 No.11〜17

河童文庫

河童に係わる芸術・文学

河童伝承

河童族

 河童共和国
 我が血統の秘密

juuu-net私の旅河童大明神地域づくりhome

Iwai-Kuniomi