河童に係わる古証文


 

 これはNiftyserveの「川とロマンのホームパーティー」で語られたログを収録したものです。




  1. 108 [94/07/14 18:44] PXK06210 綾 はじめまして
    はじめまして
    PXK06210綾
     渇水がまた巡ってきました。いささかロマンがない事態です。 荒木さんから、パーティを覗くようにとのご招待があり、遅ればせながらNIFTYに加盟した次第です。パソコン通信は300ボーの時代に少々やっていただけなので、すっかり忘れていました。やはり時間がかかるので暇を見つけて参加したいと思います。
     川に対するイメージは仕事の分野次第の面があります。子供の頃は清流であった五ヶ瀬川でOOチンで泳ぎ、うなぎのしらすや白魚を手ぬぐいで掬って石の上で干して食べたものです。水質汚濁の仕事をやっていると、川はなつかしい対象から怒りをもよおす物になってしまいました。一昔前に、下水処理水を使った人工の河川や流水の復活を考えていたときも、やはり自然の流れを失ったことへの反逆だったと思います。水遊びの場のイメージは年をとるにつれて忘れてしまい、破堤寸前の洪水を見に行った印象の方が先に思い出してしまいます。人工的な日本の河川の姿は、工学の対象であっても自分には親しみが湧かないのです。なんだか、自分向けではなく他人に水に親しめるような場を一生懸命仕事としてやっている気がします。
     それでも川は見に行っています。バングラディシュのバドマ川 (ガンジス川の下流です。)の突堤で、大勢の人たちが夕日が沈むまで川面を眺めていた光景は印象的でした。世界の3大滝も見ました。ビクトリア滝が一番気に入りました。イグアスの滝は先月行きました。大きいけど観光地化されていてがっかりしました。一番楽しかったのは、10年ほど前にタイ北部山間部の清流で小屋にキャンプしたときでした。蛙の声に囲まれてメコン(タイウイスキー)をかたむけ語り明かしたものです。その場所も、観光地になりホテルがいくつも建っているそうです。いずこも自然は失われていくのでしょうか。贅沢を要求しているのでしょうか。
     初めてなのに不平をつぶやいて申し訳ありません。皆さんの話に参加してロマンを取り戻す努力をしたいと思います。 では失礼。




  2. 109 [94/07/15 01:53] KYB03341 無題その2 河童
     もう少し原稿のストックがあるので、取り急ぎ処分します。
    1.九州は殆ど雨が降りません。水たまりもないのでボーフラもわかず殆ど蚊がいません。
    2.入道雲を今年は見たことがありません。雷も鳴りません。
    3.ゴルフ場の池の水が2割位しかありませんでした。池に入ったボールが沢山ころがっています。何故だか、池の鯉が水辺で並んで、体を半分、水上に出して日光浴をしています。
    4.花屋の話と川の話をすると、初対面の人でも安心してもらって話が弾みます。コンピュータの話をすると大変ですねと言われます。
    5.生活水が川を、水を汚していることはわかっているのですが、実感としてわからないのが、現実でしょう。この部分に一つの焦点をあててトライする必要があるようです。皆さんから意見を頂きたい課題です。
    6.自分は川に興味をもっていて。まだ、こどもを川で遊ばせたことがありません。いけない親です。反省。
    7.発想・空想は自分のいる場所によって随分変わります。町の中、汽車の中、飛行機の中、船の上、山の上、山中、土手の上。逆に、何も考えない場所に、土手の上もあります。ただ感じるだけの場所。
    8.蛇足。女房は疎開先の栃木県の那珂川の傍で生まれ、那珂子といいます。・・・・歳。  次女すみれはまだ川に縁がありませんが、一番、自然が好きな子です。中3。 長女はるかは、小さい頃からのニックネームがを『河童』です。私は河童の親父です。 大学3年.東京で生活しています。




    110 [94/07/15 09:47] PFA00120 参加者名簿 みずすまし


     弥生さんの協力のもとに川とロマンのホームパーティーの参加者リストを作成しましたので、掲載いたします。みずすまし


    <川とロマンのホームパーティー発言者リスト> 平成6年7月15日現在 (発言順 敬称略)


     ID     名前       ハンドルネーム


    PFA00120 荒木 稔さん      みずすまし
    KGF03471 奥村喜代さん      弥生 
    NAD03147 本田 敦さん
    SGU01350 岩井國臣さん      岩さん
    KYB03341 幸野敏治さん      河童(大分の河童)
    MXF02556 布村明彦さん
    HDC02461 松下哲雄さん カのカッパ、ヘのカッパ、縄文人等
    GCB02071 大澤浩一さん
    VFC02217 最上淳子さん      つくしんぼ
    PFE00327 阿保和久さん      おーい竜馬
    PXK06210 綾 日出教さん


    メッセージを寄せた人
    幸田瑞雄さん
    堀内道夫さん
    古橋敬治さん


    上記以外に参加された方
    7名




    113 [94/07/17 08:14] PFA00120 水辺の散歩道 5 みずすまし
    水辺の散歩道シリーズ 第1話 散歩通勤 その5
    第1話 散歩通勤の最終回です


    4 散歩通勤のすすめ
     私は散歩通勤を、サラリーマンであるならば一度試してみる程度の価値はあるのではないか、との感想を持っています。
     散歩通勤の効用は肉体的壮快感、環境に対してリアルな気付きを持てること、頭脳明晰化効果などがありますが、その意義を時間の使い方(つまり生き方)から要約してみると、次のようになります。
     都市生活者にとって自然的歴史的外界との対話および自分との対話が実は日常的に不足しています。散歩通勤の意義はこの不足している対話を可能にする落ち着いた時間をもてるということです。仕事やレジャーなどの目的のある生活で全ての時間を埋め尽くすことが都市生活者にとってあたりまえのこととなっていますが、散歩通勤はいわば目的や意図の無い時間を毎日定期的に作ることであります。孤独の時間を作ることでもあります。高度な生活技術を必要としない、心理学的な意味での儀式やゲームを必要としない気楽な時間をつくることであります。そのために様々な効用が生まれると考えられます。このような意義の大きな散歩通勤をおすすめします。
    5 水辺の散歩道
     快適な散歩通勤をするために必要な条件のうち特に重要なものとして水辺の存在があります。私の散歩通勤を私は水辺の散歩通勤と呼んでいるのですが、実は勝田川に沿った道があって歩いているのではありません。流水を見るのは勝田川の馬橋という橋を渡る時だけです。
     しかし私にとって勝田川の流れる谷地に足を踏みいれた瞬間から水辺の感じを受けます。谷地があって川が流れているのですが、谷地と川は分離しているのではなく合わせて一体の水辺です。谷地の縁の斜面は樹林に覆われていますが、夜にはそこにホタルが舞っていることもありますし、広さからいっても、分析的に斜面樹林と河川などと分けてみてもしょうがないことのように実感されます。ともあれ、川に水があり生きものがいることが谷地の環境の基本となっており、そうだからこそ、谷地全体が水辺として意識されているのだと思います。このような水辺の環境を改善し、よりよい水辺の散歩道にしていきたいものです。
     おわり




    116 [94/07/18 23:34] KYB03341 岩   大分の河童


     以前から女房に、川が面白くて本格的に取り組んでみようと話していました。
     岩さんの話や、みずすましさんの話も時々していますが、彼女が面白そうだと思っているのは、川と言うテーマもそうだが、財団の人達や、川に取り組んでいる人達のすばらしさが想像できるからです。先日の『河童大明人』の話を一緒に聞かせて頂きました。
     三回目にお会いした時に、『川を一緒にやってみようよ』と言われた時から自分なりに決心を(それも、何の無理もなく)しましたが。今回、お前も河童かもしれないと言われて少々プレッシャーを感じますが、また、何も出来ないかもしれませんが、少なくとも川が好きだという気持ちを一生持ち続けることは出来ますので、どうか仲間にいれて下さい。
     八月の第一週に、大分川か大野川の川縁でバーベキュウを楽しみながら第一回の顔見せをおこないます。どんな話になるかわかりませんが、次の回までに皆の川に対する思いを書いてもらって、第二回は、その発表の場としたいと考えています。
     その時、是非とも大分に来ていただければと思います。
    岩さんの来て頂ける時を、川のロマンネットワーク21のキックオフにします。
     『万象に天意を覚ゆる者は幸なり。』という碑文の話を結構、使わせて頂いています。
     色んな思いを一つに凝縮させ、昇華させたすばらしい言葉で、川の流れに似たりと感じます。
      1994年盛夏 宇宙ではめだか、金魚、いもりが泳いでいる




    118 [94/07/19 20:03] SGU01350 岩  ドラゴンPについて


     九頭竜川のドラゴンプロジェクトですが、弥生さんの話にありましたように、今年の2月末からスタートした、誠にユニークというか、私が今後大いに力を入れたいと思っているプロジェクトです。
     河川環境管理財団・大阪研究所で事務局をやってもらっており、弥生さんにもいろいろお手伝いいただいていると言うわけです。


     第一回の会議が福井であったとき、私は、会議後の懇親会で、弥生さんとパソコン通信の話をし、力添えをお願いしました。
     そのことが今日に繋がっていることを思うと、九頭竜川のドラゴンプロジェクトが弥生さんとこのHPとの縁を作ってくれたと言えるかも知れません。


     皆さんも感じておられるように、このHPにおいて、河川環境管理財団ではみずすまし君と弥生さんが中核的存在ですので、九頭竜川のドラゴンプロジェクトを語るに際し、まず、弥生さんにご登場いただいたわけです。


     弥生さん、話の切り出し、ありがとう。


     さて、ドラゴンプロジェクトというのは、
    そもそも国際日本文化研究センター(日文研)の安田喜憲教授
    の提案によりスタートしたプロジェクトです。


    安田先生の考えによると、
    西欧では竜はこの世の邪悪なものとして退けるべき存在、
    東洋では竜は神の分身として恐れ敬うべき存在であるが、


    世界におけるこれからの文明は、
    そう言った東洋的な思想を十分加味していかないといけないのであって、そのためのケーススタディーをどこかの川でやる必要がある。
    梅原猛さんの言われる第三の文明を模索するひとつの試みとして・・・・。


    そういった安田先生の考えに共鳴する点が多いのですが、私の考えは必ずしも安田先生と同じでないかもしれません。


     自然というものに畏敬の念を以て接しなければならないと言う点は同感ですが、 個人レベルではいざ知らず、行政レベルの取り組みにドラゴンを持ち出すわけにはいかないでしょう。この点が安田先生と若干想いを異にしているかも知れません。
     


     また、梅原猛さんの言われる第三の文明というものを模索していかなければならないと言うことについても同感ですが、理念はともかく、地域での実践段階に第三の文明を持ち出すことは適当でないでしょう。
     この点も安田先生と若干想いを異にしているかも知れません。
     


     つまり、(個人的な立場で)竜神思想や第三の文明について大いに語るとしても、(公的な立場で)それを地域に押しつける訳にはいかないと思います。


     九頭竜川のドラゴンプロジェクトについてはまたお話ししたいと思いますが、今日のところは、「21世紀にあるべき第三の文明ということを念頭に置いて竜を登場させたいと考えておられる人がいる」そのことをとりあえず紹介して話を終わります。




    119 [94/07/21 08:08] SGU01350 岩  大分の河童さんこんにちわ


     河童連邦共和国や河童のふるさとづくり全国連絡協議会など河童一族の組織について、親父に詳しく聞いたところ、河童のふるさとづくり全国連絡協議会は市町村長の集まりなので、早速連携するようにとのことでした。会長は、菱刈町の久保町長だそうです。佐賀市の西村市長も熱心なメンバーだそうです。
     私の調べによれば、建設省川内川工事事務所の上杉所長も河童一族で久保町長と一緒に河童のために頑張っているそうです。
     上杉君は、清水さんが大変親しいはずですので、いちど折を見て会っては如何ですか。
     営業活動も兼ねて・・・・。/E




    120 [94/07/21 12:00] SGU01350 岩  河童の会について


    河童のふるさとづくり全国連絡協議会会員(市町村)


    北海道名寄市、青森県大畑町、宮城県色麻町、涌谷町、茨城県牛久市、栃木県栗山村、高知県高知市、島根県桜江町、福岡県田主丸町、佐賀県佐賀市、北波多村、熊本県八代市、鹿児島県川内市、菱刈町
    以上




    121 [94/07/21 13:12] SGU01350 岩  河童の会について(その2)
     先に述べたように、河童連邦共和国については、若干時間をかけて、国情とか国民性とか、或いは指導者の人柄などを調べてみないといけませんが、とりあえず組織だけお知らせしておきます。


    大統領府・・東京 (浅草、上野、日本橋、千駄木、利根川、神田川、おいてけ堀、江戸川、武蔵野など大統領府直属の各かっぱ村)


    大使館・・・名寄、札幌、岩手、福岡、長崎、宮崎


    国・・・・・旭川かっぱ村、砂川かっぱ村、定山渓温泉かっぱ村、札幌かっぱ村、みちのく河童村、牛久かっぱ村、川越かっぱ村船橋かっぱ王国、わたらせ河童王国、新治かっぱ村、西松かっぱ村熱海かっぱ村、河口湖かっぱ村、静岡かっぱ村、浜名湖かっぱ村、浜名湖西かっぱ村、駒ヶ根天竜かっぱ村、越前かっぱ村、奥飛騨かっぱ村、奥長良かっぱ村、えな河童村、みの河童村堺かっぱ村、讃岐かっぱ村、長崎かっぱ村、川内がらっぱ共和国




    124 [94/07/24 12:11] PFA00120 縄文人さんお願い みずすまし
    縄文人さんにお願い     みずすまし


     岩さんから河童について沢山の話(NO96、101、118、119、120)をしていただいていますが、河童連邦共和国や河童のふるさとづくり全国連絡協議会などこんなにあるとは驚きでした。
     河童連邦共和国はパロディー共和国というもののようですが、河童の末裔こと縄文人さん、パロディー共和国とはどんなものか教えていただけませんか。うわさによると縄文人さんは「ニコニコ共和国」の関係者でいらっしゃって、岩さんを案内したこともあるとか。


河童に係わる古証文

 No.01〜10
 No.11〜20
 No.21〜30
 No.31〜40
 No.41〜48

河童のつぶやき

 No.01〜10
 No.11〜17

河童文庫

河童に係わる芸術・文学

河童伝承

河童族

 河童共和国
 我が血統の秘密

juuu-net私の旅河童大明神地域づくりhome

Iwai-Kuniomi