河童に係わる古証文


 

 これはNiftyserveの「川とロマンのホームパーティー」で語られたログを収録したものです。


147 [94/08/05 16:17] KGF03471 こんにちは/弥生


 みずすましさん、こんにちは。
 このHPもどんどん人が増えて賑やかになってきましたね。
 流域コミュニケーションのお話もおもしろそう。
 昨日から大澤さんにいただいた鶴見川のウォーキングガイドをじっくりと眺めているのですが、上下流いろんなところがあってとても参考になります。
 鶴見川は川の汚れワースト5なんだそうですが、美しい川を取り戻すにも流域の人々の協力は不可欠ですものね。


 岩さん、いらっしゃい。
 東京も暑いようですが、多摩川の上流は少しは涼しいでしょうか。
 この暑さは、偏西風が平年の位置とずれていることが原因なのだそうですが、どっちにしたって暑いことは暑いですね。

 私は来週、広島の実家に帰省する予定にしています。
 転勤や出産でしばらく帰省できなくなりそうなので、久しぶりにゆっくり帰ってくるつもりです。
 帰省中もアクセスできればするつもりですが、しばらくお休みするかもしれません。ということでみなさまよろしく。
                        弥生




146 [94/08/05 12:16] SGU01350 岩  奥多摩に行ってきます


 まったく熱いですね。地球温暖化が進行しているのかも。
 スーパーの氷が品不足だそうで、女房がぼやいています。

 さて、これから多摩川の上流、奥多摩に避暑にいってきます。
・・・・といえば聞こえがいいのですが、仕事です。
 多摩川の上下流交流会です。詳細は、後日誰かから報告してもらいますが、市町村長からなる多摩川協議会と山梨県塩山市の主催で開かれるもので、京浜工事の久保田所長、坂本環境課長、東急環境浄化財団研究主任の山道さんなどと一緒です。
 子供たちのキャンプ村や水源地フェスチバルが開かれます。
 サミット会議も予定されており、私の話題提供により、どんな話になりますやら。

川のロマンを語ってきますか・・・。
・・・・・・・・・・・では、行ってきます。・・・・ 岩




岩   弥生さん こんにちわ


 弥生さん、こんにちわ
 久しぶりの実家の味は如何でしたでしょうか。

 友達とは会えましたか。
 私の実家は京都ですが、京都に帰ると数回に一度は、当時仲の良かった友達と何人か会ってきます。
 毎回という訳にはいきませんが、やはり、故郷というものは良いものですね。

 広島の町には出かけましたか。私も、先週、新交通システム「アストラムライン」の開通式のため広島に行っておりました。
 アジア大会のためか、広島は随分変わりましたね。
 何と言いましたっけ、そごうの裏に立派なホテルとかショッピングセンターが出来てますね。吃驚しました。

 ところで、弥生さんの引っ越しが近づいてきましたね。引っ越しというものはだいたい大変なものですが、余り無理をしないで下さい。
 いずれにしろ東京でお会いできるのを楽しみにしています。
/E




岩  筑後川の河童へ


 ちっこ川の河童どん こんにちわ
 私も河童一族。本貫地は行橋です。でも本籍だけで、生まれは京都です。親父が若い頃九州から関西にでてきて私が京都で生まれたという訳です。勿論、九州出身だから河童一族と言うわけではなく、それには深い深い訳があります。

 さて、言い遅れましたが、過日ちっこ川にお邪魔したときはありがとうございました。皆さんとお会いでき楽しかったです。
 皆さんと力を合わせ、ちっこ川を素晴らしい川に、そして浮羽郡、朝倉郡を素晴らしい地域にするよう、私も応援したいと思いますので、今後ともよろしく。その内に、又、そちらの方に出かけたいと思っています。
 今泉君が頑張っていますので、よろしくお願いします。
 佐藤さんにもよろしく。

 ところで、応仁天皇は、そちらの出身との説がありますね。
 邪馬台国もそちら、という説もありますね。
 私は、邪馬台国畿内説ですが・・・・。
 いずれにしろ、浮羽郡、朝倉郡という所は、歴史的に見て、随分由緒のあるところのようですね。

 素晴らしい自然を生かし、素晴らしい歴史と文化を生かし、交流とかコミュニケーションとかいうものを大切にしていけば、浮羽郡、朝倉郡は更に素晴らしい地域になると思います。
 その鍵は、やっぱりちっこ川が握っているかも知れません・・ね。
 お互い頑張りましょう。




257 [95/12/13 00:32] KYJ05057 ガラッパ ふるさとに帰る/池


 久しぶりにHPにアップします。何となくホッとする雰囲気ですネ。先週島原に行ったついでに、鹿児島まで足を伸ばしました。というのも、島原でシンポジュムを主催した土木学会火山工学小委員会の幹事長は大学の同期生で、現在鹿児島大学海洋土木の北村教授です。彼の車に同乗して、島原から鹿児島まで4時間の長距離ドライブです。この夏、加久藤トンネルが開通して大分便利になりました。 
 車の中で、甲突川の石橋のことや栗野町の薬師寺町長の話題など、話は尽きませんでした。薬師寺さんのことは、岩さんが桃源雲情でも紹介されています。彼も、薬師寺さんのことはよく知っていました。
 ところで、鹿児島といえば、ガラッパです。その本家本元ともいえる川内川のガラッパが「GARAPPARK」なるものを12月12日にオープンさせるという地元新聞の記事(一面全面広告)がありました。といっても、これは、地元の民間企業によるアミューズメント、レジャー施設との事です。
 鹿児島では、ガラッパがまちおこしに随分貢献しています。そのうちに、地元からこうした話題をアップしてもらいます。
 北(オホーツク)のロマンもいいですが、南(鹿児島)もいいですよ。


     久々のガラッパ




RES・・・・岩


 池水さん久しぶりです。
 ガラッパ天国にお帰りの由・・・・うらやましい限りです。鮎さんこと森口さんと川内川ガラッパ天国に行く約束があり、そのうちに必ず行きたいと思っています。薬師寺さんとも会いたいし、栗野岳温泉の蒸し風呂にも入りたいですですからね・・・・。そうそう、・・・菱刈町の前久保町長が大変な河童気違い???ですので、久しぶりに久保さんともお会いしたい・・・。池水さんも折を見て、薬師寺さん、久保さんと会ってください。私から行けと言われて来たと言えば二人ともきっと喜んで下さると思います。久保さんには大分の河童も会っています。


 北村教授にもよろしく。そして南からの情報発進・・・よろしく。一月にはドンコこと杉田君と北に行ってきます。北は杉田君のふるさとです。
 北と南の交流を是非実現しましょう。
 年内に是非一杯飲みましょう。みずすましこと荒木君と日程調整をしてください。
それでは・・・オンアビラウーンクハン・・・。




009 [96/01/01 05:45] SDI00885 謹賀新年 河童


 あけましておめでとうございます。


 荒木さんから宿題を頂いていた、1995年のキーワードについて、年越しになりましたが、夜更かしをしながら考えています。
 1994年のキーワード集が手元にないので確かなことは言えませんが、1994年は、これから何かをしようとか、何かをするには、といった言葉が多かったように思えます。
1995年を考えてみますと、何かをやり始めた言葉が多かったようです。それが1994年のキーワードを基本としているのは言う迄もありません。



トラバーユ
岩井さんの参議院議員への転身
荒木さんのとらばーゆ
坂本さんの転属、古川さんの転属もはいるとおもいます。
堀内さんの目白倶楽部の閉鎖
・・・・・・・・・これらは、何かをやりなさいという、天の声です。


りばーる
阪神大震災にたいして、運動神経的に反応したパソコン通信の力で、前年度の『コミュニケーション』というキーワードの実践です。震災におけるコミュニケーションのあり方を考えさせられました。


全国区
岩井さんの全国区
パソコン通信の全国区『川のフォーラム』の誕生
九州地域づくりフォーラム・活充の会・多摩川ネットワークの・・・・・・・・・・・ゆるやかな連携がスタート
リコネットは、上記連携のさらなる連携で、これは1996年度の課題です。
サロンネットワークはまた新しい夢を与えてくれます。


小川の復活・・・博多の夜の『オフ酒』で討論した、ちょっとマイナーな、キーワドです。『川のフォーラム』でも話題になりました。
河童小屋・・・これも博多の夜にでてきた言葉です。いかにも河童の出そうな、ころに小屋をたてて、河童の養成をしようという試みです。


山間地、過疎地、環境教育、小川の復権、河川等を含む言葉だろうと思います。
おふ酒・・・『オフに酒を飲みながら、楽しく語ろう』・・広島の西林さんらしい新語です。コミュニケーション・連携の、実践の場の一つでしょう。
野点コーヒー・・簡易浄水器。綾先生・松下さんのペアで、多摩川の水で野点をしました。川で何を考えるか・・遊び心で一つの示唆をしてくれました。
活動家のパソコンアレルギー・・1996年度の大変な課題となりました。
HPの改装オープン・・コミュニケーションの神髄が、ここにはあるようです。


            おめでとうございます。


まだまだ、沢山あると思いますが、皆さんで去年を振り返っていただいて、新しい目標をたてていただければと思います。


本年もどうぞよろしく、お願い申し上げます。


                     河童こと幸野敏治




RES・・・・岩


大分の河童どん あけましておめでとう。
綾先生が、よき深淵を………とおっしゃっておられましたが、今年がよい深淵に恵まれる年でありますように………心から祈念申し上げます。


さて、大分の河童どん!………深淵を求めて、江の川を往く……なんてのはいかがでしょうか。
雑誌「河川レビュー」の、藤山さんには既に話がしてあります。大分の河童に、わが国の代表的な大河川を、ともかく河童の目で視てもらい、又地域の仲間と交流してもらって、何かを感じてもらう。
そして、その熱き感じが消えないうちに、私ともう一人誰か、文学者とか民族学者とかを入れて、鼎談をする。
それを「河川レビュー」にシリーズで載せる。
こんな趣向ですが、如何でしょうか。
                 オンアビラウーンクハン!
                 河童大明神こと……岩




008 [95/12/31 20:05] KYJ05057 再オープンおめでとう。
              ・・・・・・・・ガラッパ
 川とロマンのHPのリニューアルオープン
          おめでとうございます。
大地の一撃でスタートした今年は、まさに激動の年でしたが、いよいよ暮れようとしています。来年こそ平穏な年を願いたいものです。
 今年の身近なトピックは、やはりこのHPにめぐり会えたたことです。パソコン通信は、業務では遠隔地の現場とのデータ通信として使っていましたが、コミュニケーションの手段としては、このHPが初めてでした。
 フォーラムの成長、そしてバーチャルカンパニー、etc、来年もチャレンジすることは山ほどありますが、微力ながら協力させて頂きます。
 では、皆さん、よいお年をお迎え下さい。
      ガラッパこと池水




RES・・・・岩


 ガラッパ君、あけましておめでとうございます。
 昨年は、ホンとにお世話になりました。今年もどうかよろしくお願いします。
 4日から9日まで、名古屋、大津、京都、大阪、伊勢と回ってきます。これは、公務というか政務というか、そっちのほうですが、中、下旬には、福井でドラゴンプロジェクト、京都では風水説との関連で川について、それぞれ語ってこようと思います。
 風水説は、今でいえば、環境工学というところでしょうか。


 

河童に係わる古証文

 No.01〜10
 No.11〜20
 No.21〜30
 No.31〜40
 No.41〜48

河童のつぶやき

 No.01〜10
 No.11〜17

河童文庫

河童に係わる芸術・文学

河童伝承

河童族

 河童共和国
 我が血統の秘密

juuu-net私の旅河童大明神地域づくりhome

Iwai-Kuniomi