赤山禅院

 

 

 

 天台宗総本山・比叡山・延暦寺の別院・赤山禅院は、京都の表(おもて)鬼門に位置し、先に述べたように、新羅の神さん・赤山大明神(陰陽道の祖神・泰山府君)が都の鎮守として祭られております。

 

 第3世天台座主・慈覚大師円仁さまが、若き日、遣唐使船で中国に渡り「天台教学」を修められ日本への帰路、「航海平穏」を守護してくださった出港地の神さま・赤山大明神に感謝し、その勧請をご遺命なさったとされています。

 

 平安遷都は、朝廷の…まあいうなれば奈良仏教からの逃避であったと言えなくもない。政治と宗教とのの新しい関係が、最澄と空海という稀代まれなる偉人によってうちたてられ、まさに新しい時代が切り開かれて行く。平安時代という希望の時代は、まさに開かれた時代であり、桓武天皇と最澄、嵯峨天皇と空海この二組の組み合わせによって、その基礎が作られたと言って言い過ぎであろうか。

 

 

 

 赤山禅院は、

 都の表鬼門を守護する方除けのお寺。

 日本最古の「みやこ七福神」のお寺。

 比叡山延暦寺・天台随一の荒行・千日回峰行・赤山苦行(800日目)のお寺。

 中秋名月(旧暦)、阿闍梨(あじゃり)さんのご祈祷「ぜんそく封じ」・「へちま封じ」のお寺。

 紅葉まつり「数珠供養」のお寺。

 

 

なかなかに面白いお寺です。

私が行った時は、青い目の坊さんが居られました。

 

京都には、このような…

神社のようなお寺さん、お寺のような神社など

また陰陽道と関係のあるようなないような…

不思議なところが少なくありません。

 

御霊(ごりょう)さん

……・・怖くて懐かしい!!


[花の精]へご案内!!

 

Iwai-Kuniomi