地方の時代と川づくり


川づくりは地域が中心

 日本の近代的河川改修は、明治29年に旧河川法が制定されて以来、昨年で100年を迎えた。その間、河川制度は、我が国の社会経済の変化に応じて幾たびかの改正が行われ、特に昭和39年の新河川法の制定以降、高度成長時代における新しい国土建設にを進める上で、極めて重要な役割を果たしてきた。
しかし、近年、河川は単に治水、利水の対象としてだけでなく、豊かな自然環境を形成し、生活にもかけがえのない価値を持つものであること、或いは地域づくりにとって極めて重要な要素であることが強く認識されるようになった。 このような状況を踏まえ、昨年6月、河川審議会は、「21世紀の社会を展望した今後の河川整備の基本的方向について」の答申を行った。その中でも、良好な河川環境の整備・保全や地域住民の意向の反映のための制度について、検討を行うよう求めている。
具体的には、治水、利水、環境の総合的な観点から、河川の整備の基本方針と整備計画を策定すること、また、計画策定にあたっては、地域の意向を反映する手続きを導入することとしている。大変結構なこ とだ。

地域づくりの哲学

  ・随想
  ・講演
  ・論文

地域づくりの実践

・「ふるさと創生・ 新たな展開を期して」
1997'7'5'島根での講演

私の川づくり・地域づくり語録

 第一集
 第二集
 第三集

多摩川

多摩川における川づくり

地方の時代と川づくり

・川づくりは地方が中心
・主役は市町村

奥秩父



juuu-net私の旅河童大明神地域づくりhome

Iwai-Kuniomi